歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ
1 2 3 4 5 7

歯の神経

歯の豆知識

 

歯の神経

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

大きな虫歯が原因で歯の神経をぬかなければいけないことを歯科医師につげられたことなど、過去にご経験された方もたくさんいらっしゃると思います。

 

「歯の神経」これは一体何のことでしょうか?

 

一般的に「歯の神経」と言われているのは歯の中心にある「歯髄」(しずい)という部分でです。

歯髄には、様々な刺激を脳へ伝達する神経と一緒に、たくさんの毛細血管も存在します。この毛細血管は、

歯に栄養を供給する大切な役割をはたしています。

 

むし歯が進行して、歯に痛みが出てしまったとき「歯の神経をとる」=「抜髄」(ばつずい)という処置が行われます。この「歯の神経をとる」という処置は専門用語で「ばつずい」とよばれています。

 

抜髄を行うと、どのような影響がでるのでしょうか?

 

歯の神経が無くなくなると、冷たい水がしみたりなどという知覚による痛みは、まったく感じなくなります。そのため、再び虫歯になっても、「痛い」「しみる」などの症状を感じないため、かなり悪化するまで放置してしまうこともすくなくありません。抜髄治療は歯の神経にはいっていた根幹内を完全に清潔な状態にほすその後、再び細菌が根管に侵入しないように、根管に詰め物をしますが、再感染を起こし痛みがぶり返すこともあります。

なぜなら、歯髄はすぐに完全に取りきれるものではないからです。 したがって、数回に分けて、虫歯菌に侵された歯の内部の消毒をしていくことになります。 歯髄が存在する状態ならば、歯の内部は抜髄をする前まで、歯髄の中を通る血液によって、休みなしに消毒されています。しかし、抜髄後は歯科医師の手によって消毒を行うので、当然数回の消毒作業が必要となります。歯の内部に入れる薬には作用する時間の限界があります。この限界は通常2週間程度といわれています。薬の効力が無くなると、逆に歯の内部が細菌の住みかになってしまい、治療前以上に状態が悪化することもあるのです。歯の内部の治療のことを『根管治療』『根治』と言うのですが、根管治療前と治療後にはそれほど劇的な目に見える変化が無いため、毎回同じことをやっていて治療が進まない、と勘違いする方もいます。 しかし、元々絶え間なく消毒されていた部分を、歯科医師自身の手によって消毒しているのです。一度や二度では消毒しきれないのですが、治療の回数が増えるたびに少しずつ綺麗になっていくのです。 また、歯の根管の形や状態は人によりさまざまです。時間がかかったり、治療回数が多くなったりする場合もよくあります。

また、歯髄を失った歯は、栄養や酸素などの供給源が断たれてしまいます。歯の神経は取らないに越したことはありません。

つやを失い黒褐色に変色することもよくあります。

歯を失う原因には、歯周病や虫歯、外傷なども色々ありますが、最も多い原因のひとつに歯の根が折れる、歯根破折があります。歯根破折は失ってしまった歯の約3割を占めるといわれています。歯根破折を生じた歯のほとんどは神経のない歯であり、歯を失わないためには歯髄を守ることが重要であることがわかります。 虫歯になったとしても大きくなる前に発見して、治療することが大切になってきます。

大切な歯を守るために、日々のお口のケアや、かかりつけの歯科医院などで定期検診を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

歯が欠けてしまったとき

歯の豆知識

 

歯が欠けてしまったとき

 

川崎市川崎区小島新田駅前 パール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

固いもの食べたり、お口の周りのけがで歯が欠けてしまった経験はありませんか?

そして、欠けた部分を放置してしまったことはないでしょうか?

 

そのまま欠けた歯を放置してしまうとたくさんのリスクがでてしまいます。

 

1.欠けた部分が拡大する 食事中、硬い食べ物が歯に当たったことにより、欠けた部分がさらに大きくなることも考えられます。

2.虫歯になりやすい 欠けた部分に歯ブラシをあてることが難しく、汚れが溜まりやすくなるため、虫歯になりやすくなります。

3.ケガの原因となる 欠けた部分によって、唇や、舌、ほほの内側の粘膜などを傷つけてしまうことが考えられます。

欠けた部分は、早めに治療するべきです。

そして、欠けた大きさによって治療方法が変わってきます。

 

治療法

小さく少しだけかけてしまった場合には、とがった部分が無いように少しだけ歯の形を修正します。前歯などで見た目が影響する場合には、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックの素材で形を作り修復、形成します。

欠けた大きさが比較的大きく歯の神経にまで到達してしまっている場合には、痛みが出ることが多く、歯の神経を抜いてしまう場合があります。神経を抜いた後は神経の代わりに薬を詰めて、コンポジットレジンで修復するか、かぶせ物をかぶせます。

欠けた部分がかなり大きく歯の根元で折れてしまった場合には、神経の治療を行った後に、矯正治療により歯を骨の中から引っ張り出す治療が必要になる場合があります。その後かぶせ物を装着していきます。

歯を引っ張りだすことが出来ない場合や歯が縦に折れてしまった場合は残念ですが抜歯になります。抜歯後はブリッジや入れ歯、インプラント治療などを行い修復します。

 

対処法

歯が欠けてしまった場合、なるべくすぐに歯科医院で診察してもらいましょう。

痛みがあり、その痛みが強い場合は鎮痛薬を飲み、歯がグラグラしている場合はなるべく触らないことをお勧めします。

また歯が完全に抜けてしまった場合は薬局で販売している歯の保存液か、保存液が無い場合には新しい牛乳パックを開けて牛乳パックの中に入れて歯科医院にもっていきましょう。抜けた歯を戻すことが出来る場合があります。重要なことは、歯が欠けたり、抜けたりしたらすぐに歯科で処置をしてもらうことです。歯が欠けたり抜けてから処置までの時間が短ければ短いほど、歯を元に戻せる確率が高くなります。

また丈夫で健康な歯を作ることも重要になります。むし歯や歯周病が無いか定期的にチェックしてもらい、フッ素などを使いながら丈夫で強い歯を作りましょう。

 

ホワイトスポット

歯の豆知識

 

ホワイトスポット

 

川崎市川崎区小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田です。

 

歯の表面に、白い斑点や帯状のものがみられることが時々あります。特に前歯に出ると気になってしまいますよね?

その斑点は歯ブラシで磨いても落ちなく、心配される方も多いと思います。

この白い斑点は一体どのようなものなのでしょう?

この白い斑点はホワイトスポットよばれていて、初期の虫歯が原因で発生すると言われています。歯の表面にあるエナメル質は本来、透明感があるものですが虫歯が生み出す酸によって歯が弱くなり、歯が白く濁ってしまうのです。また、遺伝的なものや、幼少期に受けた外傷、 フッ素濃度の高い飲食物の過剰摂取が原因とも言われているので、白い斑点があるから必ずしも初期の虫歯という訳ではないようです。  

ではその治療法は?

虫歯が原因でできる歯の溶け出しであればフッ素を塗布し歯の質の強化をうながすことや、歯科医院でクリーニングを受けることで治すことができます。また、軽度であればホワイトスポットをホワイトニングを行い、目立たなくする事などもできます。 完全に見ためを回復させるには歯の表面を一層削って、ラミネートべニアというセラミックの薄い素材を貼り付ける治療法があります。(つけ爪のような感覚です。) ラミネートべニアはセラミックのため素材自体の変色はなく、歯の色調や形も整える事が出来ます。 審美性を求めるのであればラミネートべニアなどをお勧めします。

予防方法は?

エナメル質が白濁するには、歯の表面が酸性になることが原因です。これは虫歯ができるメカニズムと同じです。そのため虫歯と同じような予防が必要になってきます。

1、しっかりと歯磨きをする。(特に就寝前はよく磨いて、その後食べないようにする。)

2、フッ素が配合された歯磨き粉などを使う。(フッ素は歯を強化する)

3、間食を控えたりなどの食生活の見直し。(お口の中が汚れている時間帯をなるべく少なくしましょう)

 

上記でご説明した通り、ホワイトスポットの原因は虫歯以外のことでもいくつかあるので、ホワイトスポットが必ずしも虫歯になるという訳ではないのです。しっかり歯を磨き続けているのに白い斑点がなくならないという場合は虫歯ではない可能性があります。ただ、その原因を自分でご判断なさるよりも、できればかかりつけの歯科医院で診察してもらうのが良いでしょう。早めに対処して不安や見た目の改善につながれば良いと思います。

 

歯の働きについて

歯の豆知識

歯の働きについて

川崎市川崎区小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

歯の働きについて皆さん考えたことがあるでしょうか?歯を失ってから、その大切さを感じる人が多いようですが、歯を失わないようにするむし歯や歯周病の予防を心掛けることがなによりも大切なことは言うまでもありません。 歯にはいろいろな働きがあり、大きく分けると「食べ物を噛む」「発音を助ける」「顔の形を整える」「健康を助ける」という「4つの働き」などがあります。これらの働きはどれも健康な生活をしていく上で欠かせないことなのです。

食べ物を噛む これは歯の一番重要な役割です。噛むことができないと、食べ物の栄養が摂れなくなり身体が弱ってしまいます。よい歯でしっかりよく噛むことが健康の第一歩です。

発音を助ける 歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります。特に「サ行」「タ行」は歯がないと発音がしずらくなります。

顔の形を整える 子供の時にむし歯が多かったり、歯並びが悪かったりするとアゴの骨、ひいては頭蓋骨の成長に影響を与えます。大人になってからの顔の形に悪い影響を与えます。きれいな歯は、人に良い印象を与えます。

健康を助ける 歯が悪いとかみ合わせにも狂いが生じます。頭が痛くなったり、姿勢が悪くなったりするなど他にもいろいろな害があります。早期治療を心がけましょう。

歯は全体で仕事をします!

例えば下の奥歯をむし歯で抜いた場合を考えましょう。問題のある歯を抜けば、それでおしまいというわけにはいきません。そのまま放置しておくと、前後の歯や上の歯が移動して来てしまいます。結果的に噛み合わせが変化して、残った歯に無理な力がかかるようになります。これは歯周病を悪化させるだけでなく、頭痛、肩凝りなどの原因にもなります。抜いた部分を放置せず、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで補う必要があります。 歯の本数がたくさんあれば十分というものでもありません。通常、歯は上下それぞれ14本(親知らずは除く)計28本がそろっていますが、歯の並びを専門用語では「歯列(しれつ)」と呼びます。上下の「歯列」が全体で仕事をしてこそ、役割が果たせるのです。                                                                    また、歯科医師会が推奨する8020運動というのをご存知でしょうか?高齢者の歯数の噛む機能を調査した報告によると、おおむね「20本以上」の歯があると、ほとんどの食べ物を噛むことができることがわかりました。高齢になっても20本以上の歯を保つために、日頃から適切なプラークコントロールを行うと同時に、定期健診を受け、お口の健康を保つように心がけることが大事です。現在、歯が20本ない人でも、噛む機能の回復は、入れ歯やインプラント、ブリッジなどで修復が可能です。残った歯を大切にケアをして楽しい毎日を過ごしましょう。

 

口内炎

歯の豆知識

 

口内炎

川崎市川崎区 小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田です。

 

口内炎とは

口腔内の粘膜や舌表面の粘膜に生じる炎症のことです。不快な痛みが伴いますお口の中のあの嫌な痛みの口内炎についてどこまでご存知ですか?

口腔内には多くの細菌が存在しますが、ストレスや風邪などによって体内の抵抗力・免疫力が下がった時に、それらの細菌が増殖して粘膜表面で炎症を引き起こすことがあります。つまり、口内炎ができるということは、何らかの理由で体が弱っているということです。体を弱めている原因を取り除くことで、ほとんどの口内炎は回復します。また、誤って噛んだり強く歯ブラシで磨いたりして口腔粘膜を傷つけた場合も、細菌やウイルスが感染して口内炎になることがあります。この場合は、歯磨きなどで口腔内を清潔に保つことで口内炎の炎症は治まっていきます。

口内炎ができる原因には、口腔内に原因があるものと体調の異常が原因となっているものがあるのです。

それらは睡眠不足などによる体調不良に伴う抵抗力の低下

偏った食生活によるビタミンやミネラルなどの摂取不足に伴う口腔粘膜の抵抗力の低下

風邪などの病気にかかることによる、体内の免疫力の低下などが原因とも言われております。

そしてその口内炎の症状とは、炎症部の痛みや出血、食事中にしみる、口臭が発生するなどがあります。特に、炎症部に何かが当たる時に感じる痛みは厄介です。口内炎による痛みは、快適な食生活に支障が生じてしまうのです。また、口内炎のできる場所によっても、その症状は変化します。食べ物や歯が当たりやすい場所に口内炎ができた場合は、食べたり喋ったりしただけで痛みを伴います。また喉の近くにできた場合は、食べ物を飲み込む時に痛みを伴います。つまり、口内炎は食事や会話する時などに大きな障害になってしまうのです。

ほとんどの口内炎は、特別な治療をしなくても1~2週間で自然に治癒してゆいきます。この時に大切なことは、自分の体調を管理して自然治癒力を向上させることと、口内炎は口の中の細菌が原因となっているためお口の中を清潔に保つということです。もし、自然に治ることがなく口内炎が悪化した場合は、市販の薬を利用するか、歯科医院に相談してみましょう。市販の薬には、塗り薬や貼り薬、内服薬などがあります。塗り薬と貼り薬は、炎症部に直接作用して痛みを取り除いたり細菌を退治したりします。内服薬は主にビタミンを含んでおり、それによって口腔粘膜の抵抗力を高めて、口内炎を治療します。また、歯科医院では口内炎の原因が虫歯や歯周病にあるとわかった場合、薬物療法と共に虫歯や歯周病の治療を行います。

口内炎の予防は、常にお口の中を清潔に保つということです。それにより、原因となる細菌やウイルスの数を減らすことができます。たとえ口腔粘膜を傷つけても感染する細菌やウイルスがいなければ、口内炎ができることはほとんどありません。お口の中を清潔に保つ方法としては、歯磨きを食後にしっかりと行うことが最も重要です。ストレスや睡眠不足などによる体調不良が口内炎の原因となっている場合は、しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送るということです。このようにすることで、体内の抵抗力・免疫力を高めることができ、口内炎ができにくいお口の中の環境を作ることができます。口内炎予防にはこれらの他に、タバコやアルコールを控えるということもあります。タバコを吸ったりアルコールを飲んだりすると、体内のビタミンが奪われるので、その結果として口腔粘膜の抵抗力が低下して口内炎ができやすいお口の環境になってしまいます。特に喫煙をする人は、タバコの中の成分が毛細血管を収縮させ口内炎の治癒を遅らせます。タバコは、口内炎のみなならず、歯周炎も増悪させる事が学術的にもはっきりしています。

以上の点を踏まえ、健やかな毎日を過ごすためにかかりつけの歯科医院で定期的にメンテンナンスにいかれてみてはいかがでしょうか?

虫歯の再発

歯の豆知識

 

虫歯の再発

 

川崎市川崎区 小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田です。

今回は虫歯についてのお話しです。虫歯の治療をしたのに、虫歯がまたできてしまった、詰めたものが取れてしまった、被せていたものが割れてしまった・・・こんな話を耳にしたことがある、または実際に経験をお持ちの方いらっしゃることでしょうか?                                            何度も歯の治療をするということは、どうしても歯を削る必要がでてきます。つまり歯が無くなるまでの期間、寿命が短くなってしまうのです。

では、何度も治療した歯が悪くなる原因はなんでしょうか?

1.歯磨きがうまくできていない

2. 詰め物や被せ物が歯にぴったり合っていない

詰め物や被せ物が歯にぴったりと合っていないと、隙間や引っ掛かりができます。これは、目で見て確認できないくらい小さくても、虫歯菌が入り込んでしまい、虫歯の原因になるといわれています。      詰め物は歯を削って詰め物を入れます。数年後詰め物がきちんと合っていないために虫歯になってとれてしまうことがあります。そうするとまた歯科医院に行き、歯をけずりまた詰め物を詰める。それが何度も繰り返されるうちに歯の削られる部分が多くなってしまいやがて神経を処置せざる得なくなります。さらには神経をとると歯は、よく「枯れ木」に例えられますが、枯れ木は一見丈夫そうにみえますが、中は栄養が行き届いていないのでもろくなっています。 生きている歯の神経は常に歯の硬さや再生を支配しています。歯の神経が死んでしまうという事は、そそれに似た状態になります。従って弱くなり、割れやすくなります。 暫く神経を処置した歯をそのままの状態で使っていると、もろくなってきます。人間の噛む力は自分の体重と同じくらいといわれているので、今度は歯にヒビが入って来ます。 歯にヒビがはいると大変です。場合により歯を抜かざる得なくなることもあります。 これが歯の寿命が短くなる原因ともいわれています。                                                             では、どのようにすれば歯磨きが十分に出来るようになるのでしょうか?                                    歯科医院で教えてもらうのが一番です。 正しい歯の磨き方というのは、実際は人それぞれなのです。人によって歯並び、歯の生え方、形、大きさは様々です。ですから、自分にとって正しい磨き方はオリジナルなのです。どうすれば、そのベストな磨き方を身につけるかは、歯磨きの専門家に習うのが一番の近道です。 1度習ってしまえば、あとは勉強と同じで応用です。具体的には、習った事を何回も復習する。復習を続けていけば、自ずと身についていきます。これがきちんとした歯磨きが出来るようになるための近道です。                           そのためにもかかりつけの歯科医院などで定期的なメンテナンスをしてもらうことが、歯の寿命を長くして健康に保つ秘訣になってくるのです。

 

1 2 3 4 5 7

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ