歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

口腔癌

歯の豆知識

 

口腔癌

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

癌と聞いて皆さんはどういうイメージをおもちでしょうか?怖い病気でしょうか?

癌は誰しもなりたくないと思う病気です。日本人の死因の1位とも言われています。

その割合は年々増加の傾向にあります。また、発見が遅れると治る確率も下がり、早めに治療しても再発などの恐れもある、とても厄介な病気です。

癌は全身様々なところに癌ができます。胃癌や大腸癌、食道癌などは皆さまご存知だと思われ、健診などでもよくチェックされているではないかと思います。

胃や大腸、食道などは見えない場所ですが、胃カメラや内視鏡カメラなどを使って検査を行っているため早期発見率も現在は増えてきていると言われています。そんな中、見える場所ではあるのに早期発見率がなかなか伸びない癌があるのですが、皆さんはおわかりになりますか?

 

それはお口の中にできる癌、口腔癌です。

 

口腔癌は、口腔内に出来る癌です。日本では毎年約6000人が口腔癌に疾患しています。そのうち約3000人もの方々が亡くなっているといわれています。しかも、この数字は増え続けているのです。

しかし、口腔癌は早期発見すれば後遺症もほとんど残らず、ガンの治療経過をみる指標となる5年生存率も約90%とかなり治癒しやすい病気だということもわかってきており、早期発見が大変重要な癌といえます。

そして口腔癌といっても種類があることをご存知でしょうか?

 

まず、お口のなか全体を口腔と言い、ここにできる癌を総称して口腔癌と呼んでいます。口腔癌はできる場所によって、舌癌、歯肉癌、口腔底癌、頬粘膜癌、口蓋癌、口唇癌に分類されて、部位別では舌癌が最も多く、次に多いのが歯肉癌と言われています。

口腔癌の5年生存率は約60~80%と言われています。

口腔癌の癌発生頻度は全体の約3%言われており、とりたてて、高い訳ではありません。ほかの癌と比べて患部を直接見ることができるので早期発見をしやすいと言われています。口腔内には癌と似たような疾患が数多くあります。口内炎、歯肉膿瘍、歯周病などがそうで特に歯周は成人の大部分がかかる病気で癌との鑑別が大変難しいのです。決め手となるのは組織を切り取って顕微鏡で癌細胞があるか、確認することです。

口腔癌の初期段階では痛みなどの初期症状はあまりでません。

痛みや、しこり、出血、ただれなどの自覚症状が出てきた時にはすでに進行しているケースが多く、痛みが出た時には遅いと思ってください。早めに口腔癌健診に行ってみてはいかがでしょうか?

地域によっては、その地域の歯科医師会で無料の口腔癌健診を実施しているところもございますので、まずはかかりつけの歯科医院でご相談ください。

日頃から、お口の中を清潔に保つことにより、口腔癌のリスクを下げることにつなげ、それと同時に癌にならない生活習慣を心がけてみてはいかがでしょうか?

ジルコニア

歯の豆知識

 

ジルコニア

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

最近、色々な歯科医院などでのホームページで「ジルコニア」という素材のさし歯などの宣伝を目にすることがあります。皆さんお気づきでしょうか?

ジルコニアはとても優れた特性を兼ね備えた素材です。

 

ジルコニアとは人工ダイヤモンドとしても有名で、強く、軽く、美しく、そして体に優しいセラミックのことです。

身近なところで、最近よくTVのショップチャンネルなどでも見かける白いセラミック製の包丁などもジルコニアでできています。また、スペースシャトルの外壁や医科では骨の代替素材として人工関節などにも使用されるなど体に優しく、大変丈夫で安全なセラミックなのです。 現在、お口の中に入れる金属やプラスチック、セラミックなどが広く使用されております。近年では、金属アレルギーの問題がクローズアップされ、その心配がないセラミックによる歯科治療へと移行しています。歯科用セラミック材料に求められる要素は強度があり、美しく、安心できる素材であることです。ジルコニアは強度、耐久性、耐食性、耐熱性に非常に優れ、美しく、金属材料に取って代わるものとして最も注目されているセラミックの進化したものなのです。 このジルコニアの登場によって歯科治療は大きく変化しようとしています。

 

ジルコニアは歯科の一般治療で使用される金属に比べ、重量が約3分の1と軽量です。ジルコニアで作成したブリッジをお口の中に入れると、銀歯のブリッジと比べ違和感が少なく自然な噛む力を回復してくれます。 日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして薬事法の認可を受け使われはじめました。 世界中ですでに年間約500万本以上の補綴物に使用されています。その安全性、信頼性、実績は皆様に安心と自然な美しい笑顔を与えてくれるのです。

 

ジルコニアは歯科材料としてはとても良い素材なのですが、デメリットもあります。

それは健康保険適応外なので治療費が高額になってしまうということです。ただ自分自身の健康を考えると、ジルコニアの歯を入れるのは十分な価値があると考えられます。

お口の中に入れる歯の材料というのは日進月歩です。特に審美歯科の進歩は著しい限りです。ジルコニアは耐久性が強すぎて、咬み合わせの調整が難しいという欠点もあります。天然の歯は咬合することで自然と擦り切れて、その背が低くなりますが、ジルコニアはそれが少ないのです。

定期的に様子を見てもらうようにすることが大事になってくる訳です。

ジルコニアについてご興味などございましたら、是非、パール歯科医院にご相談ください。

 

インプラント…⑲サージカルガイド

歯の豆知識

 

インプラント…⑲サージカルガイド

 

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

インプラント手術においての安全性を高くするサージカルガイドをご存知でしょうか?

今日はサージカルガイドについて説明します。

義歯やブリッジに比べ圧倒的に使い勝手がよく、周囲の歯にも余計な咬合力をかけないインプラント。

しかし、インプラント治療は人工歯根を顎の骨に埋め込む手術が必要になります。

その手術において、人工歯根はあごの骨のどこに埋め込んでもいいわけではありません。その長さや太さ、埋め込む位置、角度などそのあごの骨の質や状態をその周りの歯や歯肉、嚙み合わさる歯などを診断し決定されます。あごの骨は歯肉に覆われている為確認することができないため、レントゲンや歯科用のCTで撮影を行い、あごの骨の詳細な立体構造や神経や血管の位置などを精密に把握する必要があります。 このような検査を十分に行い、決定されたインプラントの人工歯根を実際に手術において想定した通りに埋め込まなくてはなりません。手術を想定したとおりに行い、安全性や成功率をあげるために大きく役立つのがサージカルガイドなのです。

 

サージカルガイドの製作方法は、撮影されたCTのデータとコンピューターを連動させ、あごの骨の硬さや形態、神経や血管、周りの歯の根の状態など位置を確認しながら、埋め込むインプラントの最適な長さ、太さ、埋め込む位置などを診断します。

そして出てきたデータを元にコンピューター制御の機械で作製するのです。サージカルガイドを用いると、正確な位置にインプラントが埋められます。顎の骨の中には複雑に血管や神経が走行し、鼻腔や副鼻腔等、空洞もあります。インプラントを正確な位置に埋め込むのは、なかなか難しいのです。

サージカルガイドを使用しない場合、どうしても手指の感覚とレントゲン像から判断した情報で手術を行うので手術時間も伸びてしまいます。

 

最近、インプラント治療においての事故などがマスコミなどにより報道されています。

インプラント手術を安全、確実に行うシステムは近年、めざましい進歩を遂げ、実に多くのシステムが開発されていますが、サージカルガイドを凌駕するものはありません。パール歯科医院ではこのことに一早く気が付き、10年前より、このシステムを取り入れています。

当院では常に最新の技術や情報を得るために、セミナーや勉強会など頻繁に参加、開催し、日々研鑽を積んでおりますので、よりよい歯科治療をご提供することに絶対の自信をもっています。

現在、歯の治療をお考えで、歯科医院をお探しでしたら、是非パール歯科医院までご連絡ください。

 

インプラント…⑱認知症対策


歯の豆知識

 

インプラント…⑱認知症対策

 

川崎市川崎区小島新田 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

認知症と咬み合わせには関連性があることをご存知でしょうか?

食事の際に咬みあう事が、脳を刺激するという事がわかっています。

歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、歯根から脳に伝わり、その刺激は脳における様々な感覚を司っている部位の活性化に繋がっているのです。

さて、その歯ですが、ご高齢になるにつれてなんらかの原因で減ってしまいます。その残っている本数によって、あることが最近の研究でわかったのです。

 

それは、認知症です。

 

最近行われた研究結果より、高齢者の歯の残りの本数と認知症との関連性がわかりました。

健康な人では平均約15本の歯が残っていたのに対し、認知症の疑いのある人では約9本とその差は歴然としています。

歯からの刺激が認知症を予防するのです。

そして残存歯が少ないほど、記憶や学習能力に関わりや、意志や思考の機能を司る部分の大脳容積が少なくなっていた事などもわかりました。

これらの事より、歯の喪失により咬む事ができなくなると大脳の海馬や前頭葉に著しい障害が出てしまいます。

それにより老化が早まり、口腔内から全身へと衰弱が進んでしまうと考えられているのです。

特に総入れ歯の人は急速に認知症が進みます。

歯があれば噛むことができますが、歯が抜けると噛めないだけでなく歯根膜もなくなり、脳へ刺激は伝わらなくなります。

また、歯があってもあまり咀嚼を意識しないで食べていると、脳への刺激が少なくなってしまいます。

このことから、脳を活性化するには意識して噛む事が重要だと言えます。

アルツハイマー型認知症の方の口の中を調べると、歯が無くなり、長い間良く噛んで食べる事が出来ていなかったと思われる人が多く見られます。歯が無いと刺激が脳には伝わりません。

そこで、歯に代わる治療としてインプラントが選択肢のひとつとして登場するのです。

インプラント治療を行えば天然の歯と同じような働きをすることが出来るのです。

インプラント治療は実用から既に50年ほど経っており、現在は一般的な歯科の治療方法として確立されています。

また50年と言う間に単にインプラント治療の成功率を高めると言った初期段階を超えて、さまざまなトラブルに対応するための技術開発が行われ現在は成熟期になっています。

例えば、不要になったインプラントを除去することなども以前は大変でしたが、今ではインプラント除去専用キットなどが開発され少しの労力で簡単に出来るようになっています。また寝たきりの方への訪問歯科治療も充実しており、いろいろなケースに対応できるようになってきています。

特に川崎市歯科医師会では、口腔内から始まる老化(オーラルフレイル)に力を注いで、寝たきりの患者様に対してより手厚い対処を行っています。

 

以上のような事からも、認知症の予防や、充実した毎日を過ごすためインプラント治療を選択するという方が増えています。

もしインプラント治療にご興味などございましたら、是非、当院にてご相談ください。

 

 

インプラント…⑰インプラント治療後の歯磨き

歯の豆知識

 

インプラント…⑰インプラント治療後の歯磨き

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

インプラントを長持ちさせるためにはどうしたら良いでしょうか。

以前もこのブログで書いたように、インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。

インプラントが歯周病になると、通常の歯の歯周病よりその進行速度はかなり早いです。十分に注意しでください。

インプラントの歯周病(インプラント周囲炎)を防ぐ手立ては、患者様本人が自分で行うプラークコントロールです。

プラークコントロールとは、歯の表面に細菌の塊であるプラークがつかないように清潔を保つことです。

そのことについて今回はお話しさせて頂きます。

 

インプラント治療を受けた方は、今までの歯磨きよりもより丁寧な歯磨きを行う必要があります。注意点は、上部構造と呼ばれる人工歯を綺麗にするだけでなく、上部構造とインプラント体の繋ぎ目の部分を綺麗にする必要があります。

そのためには、通常の歯ブラシ以外にも補助用具を使用して磨かなくてはいけません。

 

「ワンタフトブラシ」 1本毛でブラシの先端が尖っているタイプのワンタフトブラシであれば、上部構造の境目の部分をしっかり確実に磨くことができます。ワンタフトブラシは腹の部分の毛が特殊な形状の為、しっかり磨けます。日本ではまだあまり普及していませんが、海外では一般的です。「プラウトブラシ」という呼び方もあります。

 

インプラント用の「スーパーフロス」 インプラント用のフロスは通常のフロスと違い、中心部分が柔らかく太い構造になっています。ブリッジタイプのインプラントや根の部分と歯の部分のバランスの悪いインプラントだと、普通の歯ブラシやタフトブラシでも磨き残しが出てしまいます。そのような構造のインプラントが入っている方は、「スーパーフロス」を使用すると良いでしょう。フロスを使用するときに専用の薬液を塗布して清掃すると、より効果的にきれいにすることができます。

 

マウスウォッシュ 歯磨きの仕上げにマウスウォッシュを使用することもおすすめです。マウスウォッシュには薬用のものと化粧品のものがあります。効果があるのは当然薬用のものになります。洗口剤等も、インプラント治療を受けたのを機会に使用してみてはいかがでしょうか?また言わずもがなですが、マウスウォッシュを使用するのは歯磨きした後です。

歯医医院での定期メインテナンス

ご自身できちんとケアを行っていても、100%綺麗にはなりません。定期的なメインテナンスで、歯磨きの仕方や器具の使い方などをきちんと理解するようにしましょう。歯科医院でインプラント自体のメインテナンスなどもすることで、インプラント周囲炎のリスクを減らすことができます。それと同時に他の歯が虫歯、歯周病から守られ長持ちするのは当然のことです。

 

 

インプラント…⑯歯科治療先進国のインプラント事情

歯の豆知識

 

インプラント…⑯歯科治療先進国のインプラント事情

 

川崎市川崎区小島新田 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

わが国では、抜歯などをした歯を埋める治療法として、ブリッジや入れ歯を選択する方が以前から大勢いらっしゃいます。もし、インプラント治療があなたにとって最適な治療方法だと歯科医師から告げられた場合、あなたはすぐに治療をうける決断をすることができますか?

保険で済むなら、済ませたい、インプラント治療は高額だから避けたい、というお気持ちを持たれる方もいらっしゃるではないでしょうか?

 

では、歯科治療先進国の人々の歯科に対する考えを日本と比べてみると、何が違うのでしょうか?

歯科治療において先進国といわれる国ではどのような治療方法が主流なのでしょうか?

 

歯科医療先進国での治療や国民の意識

 

上記の通り、日本国内での抜歯などをした部位を補う治療法は、入れ歯やブリッジを選択する方が多くいます。これは健康保険が大きく関係していると思われます。

しかしながら、歯科治療先進国である、スゥエーデンやドイツにおいて、ブリッジや入れ歯は旧タイプの治療法と考えられており、近年は入れ歯・ブリッジを選択する人は少数といわれています。

歯科治療先進国では、歯があったときの状態近くまで戻すことを最優先に考える方法が選ばれることが多く、インプラント治療が広く選択されています。スゥエーデンにおいては、インプラント治療は保険制度に組み込まれているのも大きな一因であり、また人々の歯科治療やインプラント治療などの

知識などもとても高いと言われています。ですから日本人のようにマスコミの歯科やインプラントに対する否定的な報道を鵜呑みにすることはまずありません。

先進国ではインプラント治療は当たり前になってきているのです。

その中でも、インプラント治療の技術において、歯科医療先進国の1つでありますアメリカが世界で最も進んでいるといいわれています。それは、数々のインプラント治療の研究が盛んで、多くの大学の歯学部には年間、数億円の予算が投じられていると言われています。それ故に治療の水準は世界トップクラスです。

 

世界と日本の歯に対する意識の違い

 

例えばアメリカでは、歯科治療を行う場合はその治療内容に関係なく保険ではカバーできません。

アメリカにおいての歯科診療は自費診療で対処しなくてはならないのです。

保険が無く、全額負担が当たり前なのが現状です。ある程度の所得がある人は民間保険会社の保険を活用して治療費を捻出できるのですが、所得が低い層では簡単な治療すら受けることが難しくなります。

よって、ある意味日本は保険制度によって守られているのです。 虫歯・歯周病を予防する意識が日本よりも強くなるのは当たり前なのは経済格差が激しいアメリカならではの考え方と言えるでしょう。

ちなみにアメリカ人は、虫歯・歯周病・歯並びが悪い状態の人は堕落した生活を送っている人物と判断され、治療費すら払えない下層に属する人、と判断されてしまうようです。親は子どもの将来を考え、歯並びを矯正するために治療費を作る努力をしているのがアメリカでは当たり前といいます。

アメリカ人の歯の健康に対する意識は日本人以上であり、白く整った歯は社会的にとても重要視されています。

そのため、歯の色、形、歯並びを美しく整える努力をすることはもちろん、審美歯科の為にインプラントを利用することも広く普及しています。

 

わが国日本はどうでしょう? 歯の治療に関しては未だ銀歯・入れ歯・ブリッジが主流です。

インプラント治療などの最新の治療に対して少なからずネガティブな感情をおもちではないでしょうか?治療にかかる費用ばかりに目がいってしまい、自分にあった最新の治療法などを見逃しているかもしれません。

また、健康保険制度に守られており、歯を大切にするという意識が少し低いのかもしれません。

 

歯科医院には虫歯が痛くなってから行くところ、しかもぎりぎりまで我慢してどうしようもなくなってから駆け込んでいたりしていませんか?

まずは、ご自身の歯がどれだけ大切なものか、再度認識してみてはいかがでしょか?

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ