歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

歯周病になってしまったら

歯の豆知識

 

歯周病になってしまったら

 

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

もし歯周病になってしまったら、皆様はどうすれば良いと思いますか?

そこで今回は、歯周病になってしまったらどうすれば良いのか?ご説明いたします。

 

歯周病は、 進行すると歯を失う原因となり、内科的に全身にも悪い影響を及ぼし、口臭の原因にもなります。

歯周病にならないためには、毎日の予防が重要ではあり、歯周病の進行状況や、それぞれのお口の中の状態によって行われる治療は異なります。

歯周病治療の基本の基本は、ご自身によるブラッシングです。今でこそ減りましたが、10年程前までは90%以上の患者様が正しくない方法で歯磨きを行っていました。

歯ブラシの選び方や持ち方、毛先の当て方、力の入れ具合などがポイントとなります。

そして毎食後の丁寧な歯磨きが、歯周病の予防になっているという自覚も大切です。

 

①プラークの除去と歯石の除去

歯周病で歯科医院に行くと進行具合に関わらず行われるのが、歯周病の主な原因であるプラーク(歯垢)

や歯石を取り除くことです。

自分では取り除ききれないそれらを、専用の器具などを使って除去します。

歯肉の上の目で確認できる歯垢歯石を除去するのは当然として、パール歯科医院では歯肉の下に隠れた歯石も丁寧に除去します。この歯肉に下の歯石を除去することが、歯を長持ちさせる秘訣となります。「ルートプレーニング(根面の滑沢化)」と呼ばれます。この2つが歯周病の治療として大切な処置になります。

また場合により、歯肉を切開する歯周外科が必要になることもあります。歯石を取ると、しみる

ことがあり、また、歯石を取ったために、歯がグラグラと動きだす場合がありますが、歯肉の炎症がおさまるにつれ、徐々に戻る傾向にあるので心配はいりません。

②咬み合わせの調整

噛み合わせが悪いと歯の周囲組織にさらに負担がかかり、炎症の治療が遅くなります。

そこで噛み合わせの調整も行います。歯周病が進んで歯がぐらぐらしている場合には、

歯科用の接着剤で固定することもあります。

③抜歯

歯周病が進行すると歯が動揺を起こします。それをそのまま放置しておくと周囲の歯や歯肉に悪影響を及ぼします。

そういった時は抜歯となる場合もあります。

その他、歯周病が進んで歯周ポケットが改善しない場合、エナソルマトリックスデリバティブを開いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)などの特殊な治療が行われる場合もあります。

 

上記のような治療を行っても、歯周病菌がお口の中から100%きれいになくなることは少ないのです。

日本人のほとんどの方のお口の中には歯周病菌が存在しています。それ自体は、実は問題があることで

はありません。歯周病菌が増えて歯周病として発症してしまうことが問題なのです。

うまく歯周病菌をコントロールしてあげれば問題は起きません。

歯周病は初期の段階では、痛みや腫れなどの自覚症状に乏しく、気付いたときには進行してしまってい

るケースが多いです。

気になる症状がなくても、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。

また一度治療が完了しても、歯周病は再発しやすいため、その後の検診は欠かせません。

歯科医師の指示に従い、定期的なメンテナンスを受けることをおすすめします。

歯周病についてお困りのことがあれば、パール歯科医院までご相談下さい

歯周病と全身疾患③肺炎

歯の豆知識

 

歯周病と全身疾患③肺炎

 

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回は歯周病と肺炎の関係をご説明します。

 

歯周病と肺炎は、一見無関係にみえます。ただ最近の研究では相関関係が明らかになってきました。

わが国において、肺炎は死因別死亡率の第4位を占め、肺炎で死亡する患者様のほとんどがご高齢の方です。さらに肺炎の別死亡率は、70歳を超えると急激に増加することが報告されています。ご高齢の方は免疫力の低下により感染しやすくなり、とくに誤嚥性肺炎などの呼吸器感染症が、ご高齢の方におけるが社会問題となっています。

肺や気管は嚥下反射、咳反射など身体が生理的に反応することによって、口腔細菌が侵入することを防いでいます。しかし、ご高齢になるとこれらの生理機能が衰えるため、自らの唾液や消化管内容物を口腔内細菌とともに、慢性的に誤嚥(ごえん)することが多くなります。誤嚥(ごえん)とは、加齢や認知症などによって「飲み込む」機能が低下することで、誤って気管に唾液や物などが入ってしまうことを言います。

そして、免疫力の低下したご高齢の方は、歯周病菌が気管に入り込んで肺にまで到達すると、肺炎を起こしてしまうのです。特に、食べ物と細菌が同時に入り込むと重症化してしまいます。これを誤嚥性肺炎といいます。

 

誤嚥性肺炎の原因となる細菌の多くは歯周病菌なのです。では、それを予防するには何が必要でしょうか?

 

それは口腔内の「清掃」と「機能回復」です。

歯磨きは、口の中を清潔にして細菌を減らすことができます。したがって、誤嚥性肺炎の予防には歯磨きによるプラ—クコントロールが必要になり、また、忘れてならないのが義歯についた付着物、つまり細菌性のバイオフィルムとしてのデンチャープラ—クです。義歯の清掃も誤嚥性肺炎予防には欠かせないものです。

そして、食べたり飲み込んだりする摂食・嚥下機能を回復させることも同様に大切になってきます。 口腔の細菌除去と機能回復がケアの両輪となり、誤嚥性肺炎を予防するのです。

ご高齢の方や病気の方は全身の機能が低下しています。健康な人であれば多少の誤嚥があっても発症しませんが、体の抵抗力が落ちていると発症しやすくなってしまいます。口から食事をとり栄養状態を良好にすることも、誤嚥性肺炎を予防するうえで大切になります。

歯周病の進行 → 歯周病菌の増加 → 歯の喪失 → 口腔機能低下 → 誤嚥性肺炎 という方向性ができてしまいます。

 

歯周病はお口の中の病気だけではなく、全身疾患も引き起こす恐ろしい病気です。成人の約8割の方々が程度の差はありますが、歯周病にかかっていると言われています。歯磨きを徹底し、歯周病を予防していきましょう。歯周病についてのご質問等ございましたら是非、パール歯科医院までご連絡ください。

歯周病と全身疾患②糖尿病

歯の豆知識

 

歯周病と全身疾患②糖尿病

 

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回も歯周病が全身に及ぼす影響をご説明いたします。

 

歯周病は前回もご説明した通り、全身のさまざまさところに影響を及ぼします。

歯周病はご存知の通り、歯を失う大きな原因の一つなのです。

歯は食べ物がはじめて出会う消化器なので歯周病で歯を失うと体全体に大きな影響が及びます。

さらに、歯周病菌が、血管を通して全身の各臓器に広がると歯周病菌が内毒素となり

全身のさまざまな病気に関わっていることがわかってきています。

身体が何らかの病気にかかると免疫力が低下します。免疫力が低下すると歯周病菌に対抗できなくなり歯周病が進行しやすくなります。その中でも最も関わりがある病気が

 

『糖尿病』と言われています。

 

糖尿病について説明します。

ごはんやパンなどの炭水化物は、ブドウ糖に体の中で変化してエネルギーになります。この体内(血液中)のブドウ糖のコントロールをするのが膵臓からでるインスリンという物質です。このインスリンが出づらくなる状態が糖尿病です。インスリンがでなくなると常に高血糖の状態になり。微小な血管が破壊されます

糖尿病は、運動習慣や食生活などの生活習慣と関わりが深い病気で、日本の糖尿病患者の人口は約1300万人とも言われています。

糖尿病は、初期には自覚症状が無い場合が多く、症状がないままに進行して、身体の抵抗力が下がり、

さまざまな合併症を引き起こします。

糖尿病の合併症は

目の障害・・・白内障、網膜症

腎障害・・・たんぱく尿、血圧上昇

神経の障害・・・手足のしびれ

心血管障害・・・動脈硬化、

心筋梗塞 脳血管障害・・・脳梗塞、脳卒中

などがあります。

糖尿病は合併症が怖い病気ともいわれています。 抵抗力が下がるという事は細菌に感染しやすい事で、それはまた、歯肉が歯周病菌に侵されやすくなります。つまり、糖尿病になると歯周病になりやすく、歯周病が治りにくくなってしまうのです。

 

さらに糖尿病になると唾液の分泌量が減少します。唾液が少なくなると、口の中の細菌を洗い流す作用が弱くなり、歯周病菌が増加するので、歯周病になりやすく、また歯周病が治りづらくなってしまいます。

同様に歯周病を治療し、症状が改善されていくと糖尿病の症状も改善されたという報告もあります。

歯周病菌が産生する各種物質は、糖尿病を進行させるのです。糖尿病を同時に治療していかなくては歯周病を完治させる事が難しいといえるのです。

一見まったく関係のなさそうな歯周病と糖尿病。

共通するのは、どちらも「生活習慣病」であるということです。

つまり、糖尿病も歯周病も、生活習慣が原因で発病する可能性が高いのです。

糖尿病を起こしやすくする運動不足やバランスの悪い食生活、精神的ストレスなどの生活習慣は、歯周

病を起こしやすくする生活習慣でもあります。このような大変な病気の予防のためにも、皆様の生活習慣を改めて見直してみてはいかがでしょうか?

歯周病について、疑問点などございましたら、パール歯科医院までご相談ください。

歯周病と全身疾患①心疾患

歯の豆知識

歯周病と全身疾患①心疾患

 

 

神奈川県川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回は歯周病と心臓疾患についてご説明いたします。

 

現代の日本では心臓病は癌に次いで、日本人の死因の第2位と言われています。

心臓病のなかでも歯周病菌が特に関係しているのは、感染性心内膜炎と虚血性心疾患(狭心症と心筋梗塞)です。

その歯周病が関連している感染性心内膜炎とはどんな病気でしょう?

それは、心臓の内側に細菌が付着し増殖することで起きる心臓内部の炎症のことです。

心臓内部で炎症を起こします。これが感染性心内膜炎という病気です。

炎症が続くと心臓の動きが悪くなり、血液の流れが悪くなる結果、ほかの臓器においても問題が生じやすくなってしまいます。 歯周病が進行した患者様は歯周病菌が歯肉の血管から全身に回り心臓の内部に感染を起こすと、細菌性心内膜炎という病気に至ります。

健康な方が歯周病だけで起こるものではありませんが、歯周病にかかった方が少しずつ心臓がむしばまれていくものなのです。先天性心疾患などをお持ちの方は特に注意が必要になります。

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。

この心臓の筋肉に酸素や栄養を含む血液を送りこんでいるのが心臓のまわりを通っている冠動脈という血管です。

この冠動脈が動脈硬化によって血流が悪くなり心筋に必要な血液が不足し胸が痛くなります。これが狭心症といわれているものです。

そして、さらに動脈硬化が進み、冠動脈が血栓でつまり心筋に完全に血液がいかなくなってしまった状態が心筋梗塞です。この狭心症と心筋梗塞を合わせて虚血性心筋梗塞といいます。

動脈硬化は不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因でコレステロールや中性脂肪が

血管壁に付着していくことが主な要因とされてきましたが、別の因子として歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきました。

歯周病の刺激により動脈硬化を誘発する物質がでて血管内にプラークができ、血液の通り道は細くなるという報告が医科の学会であったのです。

プラークがはがれて血の塊ができると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まったりしてしまい、心臓に血流が届かなくなると心筋梗塞となってしまうのです。

心臓病は加齢によるものだけでなく、生活習慣に原因があることが多く、高齢者ばかりだけでなく若い方や働き盛りの方にとっても無視できない病気だと思います。

心臓病を誘発する危険因子には高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病、喫煙などがありますが、これらの因子の1つに近年歯周病が加えられています。歯周病は歯ぐきに限局の病気というより、全身に害を及ぼす病気と考えられます。

歯周病について詳しく知りたい方は、パール歯科医院までご連絡ください。

 

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ