歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

麻酔の種類

歯の豆知識

 

麻酔の種類

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

歯科医院で治療をする際、麻酔の注射を受けることがあると思います。その麻酔は、針先が目の近くに迫ってくるし、麻酔薬が注入される違和感もあったりして気が重いですよね?

しかし最近の歯科医院では細やかな配慮を何重にも重ねることで、注射の痛みはもちろん、違和感もグッと減らして患者さんにやさしい麻酔をしています。また、それらの麻酔のおかげで痛みを感じずに済み、安心して歯科治療を受けられるわけです。 歯科医院で使われる麻酔にはいろいろな種類があり、その種類によって持続時間や、治療後の注意点などが異なります。 歯科医院の麻酔にはどのような種類があるのか、また、麻酔を受ける際や治療後にはどのような点に注意すればいいのか知っていることでより安心して歯科治療を受けられるようになると思います。今日は麻酔についてご説明いたします。

 

小さな痛みを消す表面麻酔

局所麻酔の一種で、歯茎に薬剤を塗り込み、その表面を麻痺させて痛みを消します。注射のチクッとした痛みを消すことができ、また注射による麻酔薬を注入したときの鈍い痛みや違和感をやわらげてくれます。

麻酔薬が唾液で流れないように、お口の中にガーゼなどを入れてブロックし、歯茎に塗った麻酔薬が垂れないように暫く待つと麻酔が効いてきます。

むし歯・歯周病の治療や抜歯に。浸潤麻酔

これも局所麻酔の一種で、麻痺させたい箇所に近い歯ぐきから麻酔薬を注入します。

これがいちばん多く使われる麻酔で、虫歯の治療や、抜歯、口腔内の手術にとさまざまな治療で使われています。

「浸潤」麻酔と呼ぶのは、注入された麻酔薬が歯を支えている歯槽骨にしみ通り、歯の神経に届いて効き目を発揮するからです。歯槽骨の表面は皮質骨といって硬い骨ですが、その内面は海綿骨と呼ばれる粗い軽石のようなしくみになっています。注射して数分すると麻酔薬はここを通って歯の神経へと到達し、2~3歯の範囲に効き目がでてきます。

 

歯根膜注射

浸潤麻酔の1つで、歯を包み込む歯と歯槽骨をつないでいる靭帯である歯根膜に麻酔薬を注入し、しみ込ませます。通常の浸潤麻酔がなかなか効きにくいときによく用いられる方法で、麻酔薬のしみ込みを阻む組織がないため、注入すると歯根膜をつたって効き目がでてきます。特殊な器機を用いて行い、施術の時間もかかります。

歯と骨をつなぐ歯根膜に針を刺して薬を流し込むため、麻酔が切れてからも、咬むと歯が浮くような感覚が短期間残ることがあります。

稀に、歯根膜の周囲が汚れていると、針を刺した傷に細菌が入って炎症を起こすことがあります。咬むと痛みますが、数日すると治まってきますので心配いりません。

 

親知らずの抜歯や痛みの激しい神経の治療に。伝達麻酔

伝達麻酔は、枝分かれした小さな神経に効かせる局所的な麻酔ではなく、口の奥の方を通る脳神経の1つの三叉神経の支流であるF歯槽神経の根元の近くに麻酔を打つというものです。

注射を一本打つだけで、この太い神経から枝分かれしている細かい神経の末端まで広範囲に効き目があります。つまり、下あごの太い神経の近くに麻酔すれば、下あごの片側全体に麻酔を効かせることができるのです。

この麻酔は長時間に渡ってしっかりと効果が続くので、親知らずの抜歯やむし歯が大きく神経を取らないといけなくなった場合に用いられます。また、一度に広範囲の処置をする場合や、浸潤麻酔だけでは効かない患者さんにも用いることが多くあります。

ただしこの伝達麻酔は長時間効き目が続くので、治療終了後もしばらくは舌や唇にもしびれが残ります。

周りにある筋肉や靭帯が針で少し傷つくことがあり、口を開けにくくなることがたまにあります。通常1~2日で治りますので、ご心配いりません。

この他にも、吸入鎮静法(笑気)や静脈内鎮静法といった麻酔などもあります。

吸入鎮静法は、治療に対して恐怖心の強い方や、嘔吐反射が強い方、歯科治療が極度に苦手な方にぴったりな麻酔法です。笑気ガスと高濃度の酸素を鼻から吸入します。不安感や緊張した気持ちがやわらいで、リラックスし快適な気分になります。笑気麻酔は、ガスを吸っている時のみ効き目があるため、術後にガスの吸引をストップすると麻酔の効果もなくなります。ただ診療室内の空気が汚染されるので、パール歯科では使用していません。

静脈内鎮静法は、吸入鎮静法よりさらに効果が高い麻酔です。ただし、歯科麻酔専門医の管理のもと、血圧や心拍数のモニターや酸素吸入を行い、患者さんの全身状態の管理をしながら、鎮静薬を点滴します。親知らずの抜歯やインプラント手術、持病のある方、強い歯科恐怖のあるかたなどに用いられますが、安全に行うには、全身麻酔に対する設備と技術が必要となるのです。それと、保険外の自費治療になります。

全身麻酔との違いは、静脈内鎮静法は意識がうっすらとあるという点です。手術中の声かけに反応することができるのです。

しかし、静脈内鎮静法にもデメリットが消去されるので、局部麻酔に比べて麻酔が覚めるまでに時間がかかりますし、術後は車の運転ができません。タクシーなどで帰宅する必要があります。 ただ、痛みや不安といった体への負担の面でのデメリットはないので、怖がりの人にはメリットの多い麻酔法です。

 

近年、麻酔のための注射を打つ際の痛みも緩和できるようなことなども工夫がされています。

ですから、歯科治療に対する恐怖心を持っている方でも安心して治療を受けることが、より可能になってきました。 しかし麻酔を受けた後はいろいろと注意しなくてはいけないことがありますので、これから歯科治療を受けるという方は、これらをご参考にしていただけたらと思います。

根管治療 その2

歯の豆知識

 

根管治療 その2

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

前回に引き続き、今回も根管治療につてご説明いたします。

 

根管治療のポイントは治療中に根管の中に悪い細菌をいれないことです。

唾液の中には歯周病菌、虫歯菌など大変多くの細菌が存在します。

ですので根管内に唾液が入ると、唾液中の細菌が侵入して、閉鎖されて複雑な形態をした根管内で炎症を起こします。

いつまでも根の治療で違和感が消えなかったり、治療が長引く原因になるのです。

 

そこでラバーダムという特殊なゴムの膜で根管治療中の歯を囲み、細菌の侵入を防ぐ方法をパール歯科医院では行っております

このラバーダムという薄いゴムの膜を歯に引っ掛けて、お口の中と治療中の歯に境界を作り、唾液の侵入を防ぎます。

またラバーダムを使用することで、器具や道具による口腔内の怪我も防止できますし、歯を消毒する強い薬が口腔内に漏れ出して火傷のような状態になることも防げます。

ただ欠点もあります。

ラバーダム使用中は原則お口をゆすげません。

30分~1時間患者様はお口を開きっぱなしの必要があります。

女性で顎の筋肉の弱い患者様は多少疲れてしまうこともあるのです。

それとラバーダムを行うには、多くの器具・部品が必要で、小さな歯に正しく装着するためには熟練の技術が必要になってきます。

このようにラバーダムを使用すると頬の肉や舌が歯に近づかないので、当院自慢のマイクロスコープが使いやすくなります。

マイクロスコープとは、歯科用の顕微鏡のことで、肉眼では確認できないような微細な歯の形態を見ることができます。

通常の8~24倍まで段階を追って術野を確認できるので、以前の歯科医師の手指の感覚やレントゲン像、経験などを頼りに、手探りで行われた治療が安全確実にできるようになったのです。

根管は大変複雑な形態をしています。

その開口部を見つけることは従来大変難しかったのですが、マイクロスコープで拡大すると容易に見つけることができるようになりました。

またマイクロスコープには特別な光源がついています。

術野を明るく照らしたり術中の様子をモニターに写したりすることも可能です。

マイクロスコープは根管の治療だけに限らず、歯を削ったり、虫歯を発見したり、歯肉の下の見えにくい歯石を除去したりと、多くの歯科治療で応用がきく大変優れた機械なのです。

 

このラバーダムとマイクロスコープを使うことで、根管治療した歯の長期的予後が飛躍的に良くなりました。

歯髄を残す努力をしていくことは非常に大切ですが、やむを得ず根管治療を選択せざるお得ない場合もあるのが現実です。

根管治療の価値は非常に高く、歯を将来的に残せるかどうかの鍵をにぎっています。

パール歯科医院では、皆様方それぞれの歯の状態に応じた丁寧な根管治療を実践しており

トラブルを抱えた歯であっても末永く快適に機能できるよう努力していくつもりでいます。

根管治療とその方法

歯の豆知識

 

根管治療とその方法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

 

皆さんの中には歯の神経を取ったことがある方、多くいらっしゃるのではないでしょか?

歯の神経を取ったり歯の根の先に膿の袋ができたりした場合、歯の根の治療をする必要がでてきます。

今回は歯の根の治療、根管治療についてお話しさせていただきます。

 

根管治療は回数がかかることがよくあります。同じような治療を何回か繰り返し、疑問をもたれた方もいらっしゃるのではないでしょか?

根管治療とは歯の根の中の根管を消毒して無菌状態にして再度、悪い細菌が感染しないように薬をつめる、とても手間のかかる治療なのです。

さて、説明が前後してしまいましたが、歯の根には根管といって神経や血管等軟組織が通じている空洞があります。この空洞を根管といいます。

虫歯が進行すると、痛みが徐々にひどくなります。虫歯が歯の神経を刺激するからです。

そうなった場合は根管内の神経を取り除く処置(抜髄)を、局所麻酔を行ったうえで行います。

抜髄を行うと、今まであった虫歯の痛みがほとんどなくなります。

あるいは神経が死んでしまって悪い細菌に感染した時も、根管治療が必要になります。

抜髄の処置がうまくいかず、悪い菌に根管が感染してしまった場合や、打撲により歯の神経が自然に死んでしまうことがあります。そういった場合、根の先に膿の袋ができたり、咬み合わせた時、違和感がでたりします。

 

レントゲン撮影すると黒い影が歯の根の先に写る場合もあります。

この黒い影として写る膿の袋を専門予用語で歯根嚢胞といいます。この時も根管治療を行うのです。

この歯根嚢胞を放置すると、時として歯の根の近くに、ニキビのような白いできものできることがあります。やがてできたものは腫れてきて穴が開き、膿がでて、小さくなります。

ただ根本の原因である、歯根嚢胞を活かさないと再度ニキビができ、腫れて、穴が開くことを繰り返します。この状態では疲労やストレスがかかり、身体の抵抗力や免疫力が下がると炎症が急性化してしまい、より強い痛みがでたりします。ですからしっかりとした根管治療が必要となるのです。

 

次に根管治療のポイントについて説明します。

一番大事なことは根管治療中に根管の中に悪い細菌をいれないことです。

根管内に唾液や歯垢が入ると、その中の細菌が侵入して、痛みや炎症が長引きます。

そこでラバーダムという特殊な薄いゴムの膜で根管治療中の歯を囲み、最近の侵入を防ぐ方法を、パール歯科医院では行っております

長時間、口を開け続けなければならないというデメリットはありますが、細菌感染を防ぐという観点からすると必要な処置と考えます。

次に大事なことは、歯の神経、あるいは、最近に感染した部分をきれいにして取り残さないことです。

根管は前歯、奥歯、奥歯でも上下の大臼歯では根管の数は違うのです。

見落とさないように細心の注意がいります。

パール歯科医院ではマイクロスコープという特別な顕微鏡を使用する事も頻繁にあります。手間と時間がかかりますが、歯をながくもたせるという意味では外せません。

更には根管の形を整えます。

根管の断面は、楕円形、三角形だったり、二股に分かれていたり、更にはそれが再び一つになったり、枝分かれしたりと、複雑極まる形態をしています。

この根管を微小な器具や道具を使用して、無菌状態をつくるのです。

この複雑極まる根管を拡大するのに、時間がかかるのです。

無菌状態が確保された根管内にガッターパーチャというゴムのような薬を緊密に詰め込みます。

仮に緊密に詰められず、空間ができてしまうと、再度最近が繁殖してしまい、問題を起こすことがあるのです。

このような根管治療はとても大切な治療であるという事をご理解いただけたらと思います。

次回も根管治療についてご説明させていただきます。

デンタルフロスの種類と選び方

歯の豆知識

 

デンタルフロスの種類と選び方

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回は前回のデンタルフロスの続き、皆様により合ったものが見つかり、毎日のデンタルフロスが効率

的できるよう選び方などをご説明いたします。

 

デンタルフロスを選ぶとき、値段やデザインを見て選ぶことありませんか?

デンタルフロスにはそれぞれ特長や種類があり、初めて使う方、使いなれている方、それぞれ合ったタイプがあります。

デンタルフロスを初めてお使いになられる方には、操作のしやすいホルダータイプのデンタル

フロスがおすすめです。糸巻きタイプと違い、糸を切る作業が無くて済むのでフロスでのお掃

除を習慣化しやすくなります。

そのホルダータイプにはF型とY型の2種類があります。

・F型は前歯をお掃除しやすく作られています。

・Y型は奥歯をお掃除しやすく作られています。

・奥歯が気になる方には、Y型がおすすめです。

歯の生え方は人によって違うので、使いやすい方を使ってみてください。当然ながら両方使うのもOKです。

デンタルフロスに使い慣れた方は、糸巻きタイプも使ってみましょう。

糸巻きタイプは糸の種類が選べます。

糸の種類をそれぞれの方に合わせて使えるのも、糸巻きタイプの利点です。

糸の種類は主に3種類あります。ワックス、ノンワックス、エクスパンドの3種類です。

ワックス、ノンワックス、エクスパンドの順番で使っていくことをおすすめします。

 

ワックス、ノンワックスの違い

 

ワックスタイプは、歯の間に入りやすくするように繊維の滑りを良くしたもので、ほつれづらくなっています。

普段、デンタルフロスを行わない方は歯の間に汚れが溜まっているので、なぜなら、まずは滑りの良い加工をしたワックスタイプを使うことをおすすめします。

ただ使い慣れてきた方には、ワックスタイプをおすすめしません。滑りやすい加工がされていることも

あり、歯垢をかきだすのはノンワックスタイプの方が向いているからです。最初はワックスタイプを使って、慣れてきたら、ノンワックスタイプに変えてみましょう。

 

エクスバンドタイプ

最も汚れが取れるのが、エクスバンドタイプです。

 

唾液や摩擦で糸がスポンジのようになります。ただ、糸が太いため、歯間が狭いところには入りずらい場合があるのです。

ですので、ワックスタイプ、ノンワックスタイプを使った後にエクスバンドタイプを使うようにしましょう。

歯の間に上手く入らない場合は無理せずに使うのをやめて、ご自分にあった太さのデンタルフロスを使いましょう。

デンタルフロスは慣れるまでは時間もかかるし大変だと思いますが、慣れてしまえばとても効率的に歯垢が除去できて、虫歯や歯周病が予防できます。

歯科の先進国である、米国や北欧では、歯ブラシを行う前にデンタルフロスを行う事が日常になっているそうです。

皆さんも、ご自分に合った種類や方法でデンタルフロスを習慣づけていってみてはいかがでしょうか?

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ