歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

乳歯と永久歯の違いについて

■乳歯と永久歯の違いについて

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

お子さんのお口の中は、日々、劇的に変化します。生えてくる歯も大人の歯とは異なるため、いろいろと戸惑うことも多いことかと思います。見た目の違いはもちろんのこと、「いずれ抜け落ちるもの」と「一生使い続けるもの」という大きな違いもあります。そんな乳歯と永久歯の違いについて知ることは、お子さんのお口の健康を守る上で、非常に重要です。そこで今回は、乳歯と永久歯の違いについて詳しくご説明いたします。

 

▼乳歯は虫歯になりやすい

 

まず始めに、乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいという点を知っておいてください。これは歯磨きの仕方や食生活の違いに関わらず、どのお子さんにも共通して言えることです。そこでポイントとなるのが、「酸に対する抵抗力」と「歯質の構造」の違いです。

 

・虫歯菌に対する抵抗力が低い

 

乳歯は、永久歯ほど成熟していないため、虫歯菌に対する抵抗力が比較的低いといえます。つまり、虫歯菌に感染しやすかったり、虫歯菌が産生する酸によって溶けやすかったりする性質を持っているのです。ですから、永久歯と同じようなオーラルケアの方法では、虫歯にかかるリスクも高まります。そこで有用なのがフッ素塗布です。フッ素は歯の再石灰を促すだけではなく、「フルオロアパタイト」と呼ばれる頑丈な構造へと歯質を再構築してくれるため、虫歯に対する抵抗力を高めることができるのです。

関連画像

 

・乳歯の厚みは永久歯の半分

 

私たちの歯は、最も外側を「エナメル質」という人体で最も硬い組織で覆われ、その下に「象牙質」が存在し、最も内側には「歯髄(しずい)」と呼ばれる歯の神経や血管が分布しています。歯の神経や血管というのは、とても大切な組織ですので、エナメル質や象牙質といったとても硬い組織が歯髄をしっかりと守ってくれているとお考えください。

 

乳歯は、そんなエナメル質や象牙質が永久歯の半分の厚みしかありません。そのため、一度虫歯になると、永久歯よりも早い速度で病変が進行していってしまうのです。ですから、乳歯の虫歯が見つかったら、できるだけ早い段階で治療をうけることをおすすめします。

関連画像

 

▼乳歯はいずれ抜け落ちるもの

 

ここまで、乳歯と永久歯の違いについて、虫歯との関わりの深い部分を掘り下げてきましたが、もう1つ重要な違いが両者には存在します。それは乳歯がいずれ抜け落ちる歯であるという点です。

 

永久歯は、健康である限り、一生使い続けることのできる歯ですが、乳歯はどんなに健康でも、永久歯との生え代わりの時期を迎えたら、自然と脱落していきます。それだけに「どうせ抜ける歯だから」と、虫歯になっても放置してしまうケースも珍しくありませんが、それはとても危険なことです。なぜなら、乳歯の虫歯は永久歯にも大きな悪影響を及ぼすことがあるからです。

 

この点については、また次の機会にご説明するとして、乳歯のことで何か不安なこと出てきたら、気軽に当院までご相談ください。パール歯科医院では、お子さんのお口の健康を守るために、全力でサポートいたします。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ