歯の豆知識

2017/07/13
虫歯と予防

歯の豆知識

 

虫歯と予防

 

虫歯は何が原因で歯が痛くなったりするかおわかりですか?

虫歯に対して根本的な原因など知らない方は随分いらっしゃると思います。

 

虫歯は食べかすに含まれる糖をエサにした増えた歯垢が、酸(カルシウムを溶かす)をだして歯の表面を溶かし(脱灰)、また溶かされた歯は唾液の働きによって元に戻ります(再石灰化)。歯は物を食べるたびに脱灰と再石灰化を繰り返すのです。このバランスが崩れたとき虫歯になります。

初期の虫歯であれば、まだ修復されますが、初期症状では痛みもなく放置してしまうことがほとんどです。歯垢が溜まっているのに毎日の歯みがきを怠るとどんどん悪化し激しい痛みがでてきます。また細菌が歯の神経に入り、神経がダメになってしまった場合、大事な神経を抜かなくてはいけない場合もあります。虫歯が悪くなればなるほど周りの歯にも悪い影響を与え噛む力もよわくなるので、身体にも負担をかけてしまいます

 

虫歯はとても身近な病気で日本人のほとんどは虫歯の経験をしています。

なるべく虫歯にならないためにもお口の環境を整えていきましょう。

また、日々の歯磨きを頑張ってもプラークや歯石は取れません、プラークや歯石を取り除くには歯医者さんで専用の器材を使う必要があります。プラークや歯石を放っておくと、まさに虫歯や歯周病が進行し歯茎がさがる原因にもなりかねます。

大事なことは、悪い部分をしっかり治療し口腔内環境をコントロールすることです。

そのためには虫歯にならないように定期的に歯科健診をうけることをおすすめします。健診において、歯磨きのやり方や注意点を教わり、また食生活のアドバイスなどをもらったりすることで、虫歯を最小限にくいとめることができ歯を削らなくてもすむ場合もあるのです。

 

予防

虫歯予防のために日頃から注意するべきことは、        

  1. 唾液が循環するように、口の中を乾燥させない。
  2. 歯ブラシをしっかり上手にかける。
  3. カルシウム不足にならないように食事には気をつける。
  4. 砂糖はなるべく控える。
  5. 食べたらすぐに歯磨きをする。
  6. 痛いから歯医者さんに行くのではなく痛くならないために歯医者さんでの健診をうける。

虫歯予防の方法の一つとしてまずは虫歯になるメカニズムを知り、無理なく日常生活の中で虫歯予防を自然に取り入れ予防を習慣化することが大事です。虫歯で悩まず快適な生活を送るためにも歯科医院へ通い、正しい習慣を身につけましょう。

あなたが健やかな毎日を過ごせるために。

 

 

PageTOP