歯の豆知識

2017/07/27
喫煙と歯周病

歯の豆知識

喫煙と歯周病

 

タバコは「100害あって一利なし」といわれるほど、我々の身体に悪影響を及ぼす存在だと広く知られています。

喫煙は肺がん、胃がん、心筋梗塞、脳卒中、胃潰瘍、など全身の病気のリスクがためます。
タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれています。
しかもタバコの煙は、人への発がん性が証明されている発がん物質第一群に分類されています。
これらはヒ素やダイオキシン、アスベストといった健康被害を及ぼす物質も含まれています。
タバコはこれらと同じ分類なので、いかに危険かということがわかります。

ではお口とタバコの関係はどうでしょう?
タバコは歯と歯ぐきにとっても大敵です。タバコは歯垢(プラーク)をつきやすくして、歯茎の炎症、黒ずみ、そして口臭を誘発します。喫煙すると歯肉の腫れや出血が見た目以上に抑えられ、歯周病に気づきにくくなります。また治療してもタバコを吸わない人よりは歯肉の治りは悪く治療効果の現れも低いのです。なぜこのようになるのか?
それはタバコの煙に含まれる一酸化炭素が身体の組織への酸素の供給を妨げ、タバコに含まれるニコチンは免疫力を低下させ、傷を治す細胞の働きまで抑えてしまうので傷の治りが悪くなります。
タバコを吸う人は歯を失う覚悟が必要ですね。

ではなにが一番リスクをさげるのか?
喫煙しないこと。そして喫煙者は禁煙することです。
たとえ非喫煙者であっても受動喫煙によって歯周病のリスク約3.6倍もたかまります。
喫煙者は周りに迷惑をかけないように禁煙をこころがけましょう。
禁煙すると、歯周病のリスクが約40%減り、治療経過も非喫煙者と何ら変わりがなくなります。

禁煙することで
口腔内環境の改善ができ、歯肉の炎症がおさまり、口臭もなくなります。その他にも免疫力の向上、美肌効果、髪の健康、寿命の延長などが研究結果でわかってきています。
百害あって一利なしのタバコですが、「タバコミュニケーション」という言葉に代表されるようにコミュニケーションの潤滑油として機能するなどはありますが、身体にとって有害なのはほぼ疑いようのない事実です。
今までの内容を含め、どうしても禁煙できない方は歯周病などのリスクは高まりますが、歯科医院での定期的な歯石の除去とより丁寧なブラッシングが必要になります。

自分や周りの健康考え、タバコはやめましょう。
禁煙して歯周病などのリスクから離れて、健やかな毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

PageTOP