歯の豆知識ブログ

お子様の虫歯

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

本日は虫歯菌について

お話していきたいと思います。

 

実は100%の人が

虫歯の原因となる虫歯菌を

お口の中に飼っているんです!

 

極端な話ではありますが、

虫歯菌がいなければ、

歯を磨かなくても虫歯にはなりません。

そして虫歯菌は

生まれたばかりの赤ちゃんの

お口の中にはいません。

 

正確には歯が生えてくる、

生後6ヶ月まではお口の中にいません。

 

虫歯菌は歯がないと生きられないからです。

 

では産まれたばかりの赤ちゃんの頃には

なかった虫歯菌は

いったいどこから来るのでしょうか?

 

感染ルートはたった一つ。

 

唾液によって人から人へと

うつっていくんです。

 

なかでもママから赤ちゃんへの感染が

一番多いのです・・・!

 

どうしても一緒にいる時間が長い

お母さんがうつしてしまうケースが

増えてしまうんです。

 

お母さんは小さなお子さんに

ご飯を食べさせますよね。

 

味見したり温度を確かめたりする際に

使ったスプーンなどで

食事をあげていませんか?

 

1つのスプーンから

虫歯菌はうつっていきます。

 

こうして

お母さんの唾液に含まれる虫歯菌が、

かわいいお子さんへとうつり、

なかったはずの虫歯菌が

存在してしまうのです。

 

ついついスプーンを使い回して

しまったりしますよね。

 

そこで皆様にご提案です!

 

お子さんにご飯をあげる時、

スプーンやお箸の共用は

なるべくやめるよう

意識してみましょう。

 

そしてもう1つ、

最も大切なことは、

ご両親のお口の中の虫歯菌を

少なくしていくことです。

 

まず第一に、親御さんのお口の中の

虫歯を治しましょう。

 

虫歯菌は虫歯のなかで、

大量発生、大量繁殖してしまいます。

 

当然唾液中の虫歯菌の濃度も

高くなってしまいます。

 

それを防ぐためにも、

ご自宅での丁寧な歯磨きが大事です。

 

親御さんのお口の中が綺麗であることが、

かわいいお子さんのためになるのです。

 

また、100%のキシリトールを摂る習慣を

ぜひつけてみてください。

 

キシリトールはお口の中の虫歯菌を

弱らせてくれます。

 

キシリトールの入ったガムやタブレットで

虫歯菌のコントロールをしてみて下さいね。

 

虫歯菌感染のピークは、

生後半年から3歳です。

 

何故ならこの時期に、

次々乳歯が生えてくるからです。

 

生えたての歯が一番感染しやすいので

この時期に気を付けてあげることが

お子さんの歯の健康にも繋がります。

 

お子さんの歯を守れるのも

お母さん、お父さんなんです。

自身のお口の中を健康、綺麗に保ち、

お子さんの歯も守ってあげてくださいね。

 

 

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ