歯の豆知識ブログ

反対咬合とガムトレーニング

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

今回は以前ブログで少し触れた

『受け口』について

書かせていただきますね。

 

受け口とは反対咬合のことです。

 

あまり馴染みのない

ワードかもしれませんが、

プロレスラーの

アントニオ猪木さんをはじめ、

世の中には受け口の人多く存在します。

 

「力強くて男らしい」

という意見もありますが、

男性の方も女性の方も

ご自身の受け口で悩んでる方が

いらっしゃるのではないでしょうか?

yjimage6.jpg

 

受け口の原因は、遺伝といわれています。

 

でも最近、

原因がもう一つあることが

わかってきました。

 

口を閉じた状態で、

舌が正しい位置に置かれていないからです。

 

正常な舌の位置は

◆舌の先が、上の前歯の裏に付いている

◆舌の広い部分(舌背)が、

    上顎(口蓋)についている

状態です。

 

それでは、なぜ舌が正常な位置から

外れてしまったのでしょうか?

それはひとえに、

舌の筋力不足によるものです。

 

ではどうやって、

舌の筋力をアップさせるのでしょうか?

こちらを紹介していきたいと思います。

 

硬めのガムを使った、

ガムトレーニングというものがあります。

5362101-300x225.jpg

ガムには色々種類がありますが、

おすすめはクロレッツです。

あるいは、ロッテのフィッツでも

いいかもしれません。

 

舌がどのように機能しているのかを

目で見ることはできないのですが、

ガムを使うことにより、

舌の運動や舌の筋力を

判断することができます。

 

yjimageCA5WIY51.jpg

 

ガムトレーニングでは、

①舌の機能のチェック

②「片咬み」を治し、咬む力をつける

③舌の動きをよくする

④舌の筋力をつける

⑤「飲み込み方」の訓練

などができます。

 

皆様は「片咬み」をご存知ですか?

左右どちらかだけで、

咬む癖のことをいいます。

 

あまりひどいと、

歯並び・顎・筋肉のバランスが崩れます。

 

食事中に舌が口からでているお子さんを

たまに見かけませんか?

 

舌がいつも口からでていると、

歯と歯の間に隙間ができてしまったり、

上と下の歯が合わさらなくなったりします。

 

このような場合も

ガムトレーニングは有効です!

①まず、ガムを左右の歯で咬んでみます。

左右同様に咬めない場合は、

咬みにくい側で咬む練習をしましょう。

片がみを治し、かむ力をつけます。

 

②次に、舌の動きをよくする練習として、

ガムをボール状にして舌の上で丸めます。

 

③そして舌の筋力をつけるため、

舌の中央にガムをのせ、

そのまま上顎真ん中のくぼみの部分に

数秒間押し付け薄く広げます。

ガムが丸く張り付くのが、理想です!

 

1回で行うようにしてくださいね。(下図)

 

kyousei_11.jpg

 

④更に飲み込み方の訓練です。

舌でガムを上顎に押しつけたまま、

つばを飲み込んでみましょう。

 

この際舌は正しい飲み込み方ができれば、

芋虫のような動きをして

ガムがのどに向かって

三角形に流れます。

 

飲み込む力が弱いと、

前歯にガムが貼りつくようになります。

 

飲み込む力が十分なら

下の写真のようになります。

 

p_index_111.jpg

 

上記の①から④の手順が十分できない場合、

舌の機能が足りない、

ということになります。

 

これが出来るようになるためには、

トレーニングを一日最低3分間

繰り返してみてください。

 

舌が十分な筋力や可動性がないと、

口腔内で本来あるべき位置に

舌が収まりません。

専門用語で、低位舌という状態になります。

 

低位舌になると、

本来の口の中の筋力バランスが崩れて

歯並びが悪くなったり、

口が自然とポカンと開いてしまったり、

あるいは、気道を狭くして

口呼吸になったりします。

 

さらにこれに、

肥満が重なると

睡眠時の呼吸がとりずらくなり、

無呼吸症候群という、

深刻な病気を併発することがあります。

 

ガムでお手軽にトレーニングできますので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ