歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ
Page 1 of 5512345...102030...Last »

インプラント…⑩インプラントオーバーデンチャー其の1

歯の豆知識

 

インプラント…⑩インプラントオーバーデンチャー其の1

 

神奈川県川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

入れ歯が合わなくて食事や会話でお困りの方、いらっしゃるのではないのでしょうか?

入れ歯でお困りのほとんどの方は、顎の骨がやせてしまっています。入れ歯の調整により入れ歯を安定させることが困難なため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用していると言われています。そこでインプラントを埋め込み、入れ歯とインプラントを連結し、入れ歯を動かないようにしっかり安定させることができるインプラント治療があります。このようなインプラントと義歯を連結したものをインプラントオーバーデンチャーと呼びます。

このインプラントオーバーデンチャーは、入れ歯がはずれにくくしっかり噛むことができるため、お食事や会話が快適にできます。 粘膜で入れ歯を支えるには限界があり、インプラントを用いて入れ歯を支持する事は、物を噛む能力を向上させるには最適な治療方法です。
インプラントオーバーデンチャーの利点は?

1入れ歯を支える力が大きい。 ⇒噛む力が大きくなり、よく噛めるようになる。

 

2粘膜の負担を少なくできる。 ⇒歯槽骨の吸収をおさえて、入れ歯が安定する。

 

3総入れ歯の構造なので治療計画がシンプルで見た目も悪くない。 ⇒治療期間の短縮や治療の確実性が上がる。審美的な回復ができる。

 

4構造がシンプルで修理がしやすい。 ⇒入れ歯を支えている歯にトラブルがでても入れ歯の修理がしやすい。

 

5入れ歯の取り外しができるので、残っている歯へのケアがしやすい。 ⇒予後に不安がある歯も保存して治療ができる。

 

6通常のインプラント治療と比べて、費用が安価である。

⇒歯の喪失本数が多い場合、埋め込むインプラントの本数を減らす事ができるので、結果として安価にできます。

 

またインプラントオーバーデンチャーにもそのデメリットがあります。

入れ歯を支える力が大きくなり、噛む力が大きくなることで、入れ歯が割れやすくなり、人工歯も消耗しやすくなります。その対応策として金属のフレームで入れ歯の補強や、入れ歯の厚みをとるような、大きな噛み合う力に対しての工夫が必要になります。

また、粘膜の負担が軽減されることによって、入れ歯を支える歯やインプラントに負担がかかるので、その負担のバランスをとるような設計などにも工夫が必要になります。

なぜなら、バランスの悪い設計の入れ歯は動揺や破折につながるからです。
インプラントオーバーデンチャーは、

入れ歯を、健康な歯(歯が残っている場合)とインプラントで支えるので、力のバランスを考えて設計することがなにより大事になります。そこで、設計は今の状態だけでなく、将来の変化を予測して行うことが重要なります。

設計がうまくいかないと、入れ歯が安定しない状態になり、結果的に壊れてしまうのも早くなります。

また、上記で言及しました通り、噛む力が向上するため、お食事の質なども格段に上がります。入れ歯を補強していくことを見越したデザインにすることが不可欠になってきます。また、補強するデザインが良くないと、短期間で壊れてしまう可能性も高まります。
噛む力のバランスを考慮した設計と入れ歯の補強を見据えたデザインにすることにより、安定したよく噛めるインプラントオーバーデンチャーが生かされるのです。

 

次回はオーバーデンチャーの種類などをご紹介いたします。

 

 

 

インプラント…⑨ソケットリフト&サイナスリフト

歯の豆知識

 

インプラント…⑨ソケットリフト&サイナスリフトについて

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

インプラントの埋め込み手術で、1番のポイントは顎の骨の状態とその量です。骨の中には血管や神経、空洞があり、しっかり埋め込むことが難しい場合があります。

骨量が少なかったりした場合は主に骨補てん材という人工の骨を使用して骨のりょうを増やす「増骨手術」という事を、インプラントを埋める前、あるいは、埋めると同時に行う事があります。

特に上アゴ臼歯の上方には上顎洞という空洞があります。上顎臼歯が抜けてその場所の骨が痩せると長さ約1cmのインプラントを埋めようとするとその先端が上顎洞に突き抜けてしまうことがあります。

このような場合は、上顎洞内に骨を造る手術を併用します。「サイナスリフト法」と「ソケットリフト法」2種類の術式があります。

サイナスリフト法

「開窓法」「ラテラルウィンドウテクニック」とも呼ばれます。

上アゴの歯肉の側面に切開を入れ、骨面を露出しさらに10~30mm程ある歯槽骨に窓を作ります。 上アゴの骨の上にある空洞(サイナス)とアゴの骨の間にある薄い膜(シュナイダー膜)を剥がして持ち上げ、シュナイダー膜と顎骨の間に人工の骨を充填して、インプラントを埋め込めるだけの骨の厚みを作ります。その後は治癒期間をおいて、骨ができあがり安定したのちにインプラントを埋め込むという方法です。

ソケットリフト法

ソケットリフト法はサイナスリフト法と同様、上あごの骨量が少ない場合に行う治療方法で、「非開窓法」「オステオトームテクニック」とも呼ばれます。

サイナスリフト法の場合は、歯肉を切り開いて骨面を露出させましたが、これに対してソケットリフト法は、インプラントを入れる場所から、骨補填材などを充填します。そのため歯肉などを切除する必要がなく、手術による傷が少なくて済むという安心感があり、 サイナスリフト法と比べて傷口が小さく、痛みや腫れなども少なく、手術時間も短いことから身体への負担が少ない施術方法と言われております。また、同時にインプラントを埋め込むため、歯を入れるまでの期間も短くなります。 ただし、ソケットリフト法では造成可能な骨が部分的で制限があり、粘膜の状態が目で確認できないなどのデメリットもあります。

サイナスリフト法かソケットリフト法か、これらは選択できるものではなく、あくまでアゴの骨の状態によって決まるものです。 1番良いのは、これらの手術をせずにインプラント治療ができることなのです。 そのためにも、かかりつけの歯科医院での定期検診などが必要になってくるのです。

また、インプラント治療にご興味ある方はお気軽にパール歯科医院までお問い合わせください。

インプラント…⑧骨造成 GBR法

歯の豆知識

 

インプラント…⑧骨造成 GBR法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前 パール歯科医院の院長 藤田陽一です。

 

インプラント治療を行うにあたり、非常に大事になってくる要件がいくつかあります。

その1つとして、インプラントを安全に植立するためには、顎の骨の状態がポイントになります。

歯が抜けた後の骨の状態は、抜いた原因にもよりますが、本来の顎の骨の状態から大きく形態を変えている事がよくあります。

そのような状態でインプラントを行うとどうしても成功率は低くなりがちになります。

適切な状態でインプラントを埋入することで、インプラントの長期的な安定や術後の問題が少なくなります。

 

歯を失ってものを噛む刺激が顎の骨に伝わらなくなっていくことで、骨は少しずつ吸収され、痩せていきます。歯を失ってから時間が過ぎれば過ぎるほど、骨の吸収の度合いは大きくなる傾向があります。そして、インプラントを埋め込むために必要な骨の量が足りなくなると、インプラントを埋め込んだときに貫通してしまうおそれがあります。 上記で述べた通り、安全にインプラントを埋め込むためには、埋め込む際に必要になる骨の高さや厚みを確保しなければなりません。このようなときに行なうのが『GBR法手術』(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生)です。 これは、アゴの骨の再生を促す手術で、骨の厚みや高さを増やす必要があるときに適用されます。 そのGBR法のやり方を説明しますと、まず、埋め込んだインプラントの露出面に、骨補填材(骨の代わりとなる人工材料)を配置します。その上からメンブレンと呼ばれるコラーゲンでできた人工の膜で覆い、骨が再生するまで約4~6ヵ月ほど待ちます。インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら、最終的に人工の歯を装着します。

このGBR法はインプラントを埋め込む前でも施術可能です。

GBR法を適用する場合メリットは

・従来の骨があったように骨を造ることで健康的な美しい歯茎の形態をつくることができる。

・しっかりとインプラントを支えることができる。

・歯磨きやその後の衛生管理がしやすくなる。

 

ではGBR法のデメリットとは?

・手術時間が長くなりやすい。

・骨の再生に限界がある。

・手術回数が増えることで治療終了までに時間がかかることがある。

また、GBR法を適用した場合、手術した部分を圧迫や負荷をかけないよう、日常生活にも配慮が必要になります。手術部位を圧迫するとその部分が貧血になりやすく、傷の治りが悪くなることがあり、

また、術後しばらくは違和感が残りますが、歯ブラシでつついたり、舌や指などで押したり刺激を与えたりしてはいけません。盛り足した骨はやわらかいため、触って刺激を与えてしまうと骨が変形することがあります。

骨造成は、非常に難易度の高い治療です。それにはメリット、デメリットなどもあり、骨造成の必要の有無は患者様によっても違います。骨造成により多少の時間や費用は加算されてしまうかもしれませんが、

インプラント治療における成功要件である、機能性、審美性、長期安定性など基本的な部分が確実になるのであれば、選択するべき治療方法だと思います。

インプラント…⑦インプラント周囲炎

歯の豆知識

 

インプラント⑦…インプランント周囲炎

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前 パール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

40歳以上の日本人は大部分の人が歯周病に罹患(病気にかかる)している事をご存知でしょうか?

日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつとも考えられます。

インプラントはチタン等でできた人工物です。ですので虫歯にはなりません。しかし、歯周病にはなるのです。

昔はインプラント周囲への感染による病気はないと考えられていましたが、インプラント周囲もプラークによる歯周病と同じような病気が発現し、進行するのです。

 

歯周病は、歯に付着した細菌の塊によって引き起こされるある種の感染症です。

歯肉炎に始まり、放っておくと歯にそって細菌が侵入し、歯を支えている歯周組織、つまり歯の根の周りにあるセメント質や歯槽骨などを破壊します。 この歯周組織を失った状態が歯周炎です。このまま放置しておくと最後に歯は抜けてしまうので進行を止める治療が必要です。 プラークは口の中にある歯のような固いものに付着します。

上記の通り、歯と同じようなインプラントにもプラークは付着します。 インプラントにプラークが付着すると、インプラント周囲の歯肉にも歯肉炎と同様に炎症が発症します。 インプラント周囲の歯肉に炎症が起こることをインプラント周囲粘膜炎といいます。 インプラント周囲粘膜炎も歯肉炎と同様に歯ブラシなどでプラークを除去すれば治すことが可能です。 歯周病が歯面にそって進行するように、このインプラント周囲粘膜炎も、放っておくと感染が進行しインプラントを支えている顎の骨が喪失してしまいます。

つまり、インプラントを支える顎の骨に炎症が達した状態、すなわちインプラントの歯周病を正確にはインプラント周囲炎と呼びます。そして、インプラント周囲炎の要因は、従来の歯周病と全く同じでプラーク内の歯周病菌による感染です。また、喫煙することや噛み合わせに問題があると、インプラント周囲炎は悪化のスピードを早めます。 インプラントの周囲では天然の歯に比べ、歯周病菌に対しての防御機能が弱いので歯周炎に比べて進行は早くなる傾向があります。

天然の歯に比べてインプラントの方が口腔内のケアが難しいといえます。

 

ではインプラント周囲炎の治療方法は、いかがなものなのでしょうか?

 

インプラント周囲炎になってしまった場合の治療方法は、進行の度合いによって幾分変わってきます。 基本的に行うことは細菌の除去であり、インプラントの周囲に蓄積してしまった歯石やプラークを専門の器具で除去します。 さらに歯周ポケットに薬剤を詰める、または薬剤などでうがいをして口腔内の殺菌も行います。 初期段階のインプラント周囲炎ならこれだけで完治は可能になります。

しかし、これでも改善が見られないほど進行している場合はほかの治療方法に移ります。 具体的には、歯肉を切開してインプラント体を取りだして磨く、または歯周ポケットを切除するといったことを行います。 さらに顎の骨が溶かされてしまった場合などは、骨移植などの再生療法などで対処する場合などもあります。

インプラント周囲炎は怖い病気ですが、歯磨きと定期的なメインテナンスをしっかり行うことで予防出来ます。 また、定期的なメインテナンスなどを欠かさなければ例え症状がでてきても初期の段階で良くなります。

インプラントが抜け落ちる事態になってしまうと治療も大掛かりになります。 インプラントは天然の歯以上のケアや注意が必要だといえます。

 

インプラント…⑥その寿命とは?

歯の豆知識

 

インプラント…⑥その寿命とは?

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前 パール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回もインプラントについてご説明させていただきます。

 

 

インプラントの寿命はどれくらいなでしょうか?

これは、インプラント治療を受けた患者様や、インプラント治療にご興味のある患者様にはとても気になることだと思います。

 

簡単に話してしまいますと、インプラントには寿命というものはありません。

インプラントは、それ自体が腐ったり、劣化するものではないからです。 しかし、天然の歯と同じようにインプラントにも歯石が着いたり、インプラントの周りの骨が歯周病菌の影響で溶けたり、インプラントの周りの歯茎が腫れたり、インプラントが揺れてきたりしてインプラントを取らなくてはいけないことはあります。すなわち、インプラント自体が虫歯にはなりませんが、歯周病にはなってしまうのです。また、インプラントは毎日の使用に耐える小さな精密部品ですから、使い方によっては、壊れることもあり、お手入れ次第で使用期限と呼ばれるものにも大きな差が出てくることもあります。 歯科のあるデータによれば、一般的に、インプラントは、およそ10年使用期間では90~95%が残存すると言われています。ただし、この平均残存率は、患者さんのお口の状態などによって大きく異なってくるのです。

要するに、全身の健康状態や口の中の衛生状態の有無等々……、インプラントを取り巻く環境によって個人差があり、寿命が何年かというのは一概には言えなのです。

 

では、そのインプラントを少しでも長く保つには何が重要になるのか?

 

それは

ご自分の歯と同じように歯周病を予防し、定期的に歯医者さんのメインテナンスを受けることが大切です。もっとも避けたいのは、インプラント周囲炎です。これは、インプラントの歯周病ともいわれています。自然な歯の歯周病と違う点は進行がとても早いということです。異変に気づいたときには、すでに手遅れとなることもよくあります。

また、インプラントの寿命以前の話ですが、インプラントが定着する前に起こりうるリスクもあります。インプラントの治療で最も重要な時期は、施術してからのおよそ2ヶ月間です。チタン製のインプラントと顎の骨が結合していく時期ですが、この間に細菌などに感染すると、骨との結合がうまくいかずに、インプラントが抜けてしまうという場合がたまに見られます。

同様の視点から禁煙をすることも重要です。今や喫煙と歯周病の関連性は世の中の常識となりつつあります。そして、過大な咬合力です。特に就寝時に歯ぎしりの強い患者様は不自然で大きな力がインプラントにかかることがあります。これもインプラントの寿命を縮めます

まとめますと

1.歯科医院での定期的なメインテナンス

2.歯周病予防などの口腔ケアと健康管理

3.禁煙

4.歯ぎしり防止のマウスピースの使用

 

などがインプラント長持ちさせる秘訣になってくるのです。

 

インプラント治療は、欠損している部分の歯を補うための治療法として、見た目や噛み心地、耐久性において、もっとも優れたものと言われています。そして、そのインプラントを最大限に生かすための

インプラント治療後のメインテナンスなどは、自然な歯と同じくとても大切になってくるのです。

つまり、天然の歯と同じく、メインテナンスなどを怠れば、必然的に寿命と呼ばれるものは短くなり、ご自身での日々のメインテナンスと定期的な歯科医院でのチェックを欠かさなければ、まさに第2の永久歯として食生活や患者様ご自身の人生を豊かなものにしてくれるでしょう。

 

インプラント治療に対してご興味や、ご不明な点等ございましたら、当院までご連絡ください。

インプラント…⑤その最新技術と設備

歯の豆知識

 

インプラント…⑤その最新技術と設備

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

インプラント治療は、ここ数年で、めざましい進歩をとげている事は、皆さんご存知でしょうか?

これまでは手作業と術者の勘でおこなっていたインプラント手術が、現在はCTとコンピューターの連動により画像診断などによって設計図通りの安全で精密な手術が行えるようになっています。

インプラント治療は顎骨に土台となる人工歯根を埋め込む必要があるため、骨がしっかりしていなければ治療できません。しかし、最近は骨を増やして、強くする骨造成術や骨移植術の技術が進み、骨が脆弱な人や骨が少ない人にもインプラント治療が行えるようになりました。特に人工骨の進歩は画期的です。

このように、インプラント治療の技術は、ヨーロッパやアメリカを中心に世界中の学会で研究され、その技術が広く共有されつつあります。

 

インプラントによる手術でできた傷口の早い治癒方法をはじめ、上記の骨の再生や骨の移植、インプラントのメンテナンス方法など、こういった学会や研究会などによって明らかにされることで、その結果、最新技術が世界中で共有されるようになっています。

 

その最新技術例として

 

イミディエイトローディング法

インプラントは手術によってインプラントと骨が骨結合するまでには約3か月から6か月程度の時間がかかりますが、最新のインプラントは、骨との接着能力が向上し、この期間が短縮傾向にあります。

条件が揃えばインプラントを埋め込んだ当日より歯が入って食事ができるようになりました。過去とくらべると長足の進歩ですが、まだ進歩段階と私は考えています。

 

フラップレス手術

フラップレス(無切開手術)は、術前のCT撮影とコンピュータシミュレーションによる診断によって可能になる手術の方法です。

フラップレスによるインプラント治療は、一般的なインプラント手術は歯肉の切開、縫合が必要ですが、で必要ですが、このステップが省略できるため、手術時間を短縮することが可能で出血もほとんどなく術後の腫れや痛みまで軽減できる術式です。ただ現状としてはいくつかの条件が必要になるため、今後のさらなる進歩が待たれるところです。

 

 

 

最新設備

 

歯科用CT

パール歯科医院は歯科用CTを導入しています。

CTは通常のレントゲンと比べて、立体的に神経や血管、顎の骨の状態を知ることができます。

インプラントを安全にあごの骨に埋めるためには、神経の走行や血管などの位置を正確に知って診断することがとても大切になるため、立体的に撮影できるCTが必要不可欠です。

通常のレントゲンでは平面(二次元)での顎の骨や神経の状態が分かりますが、 奥行き(三次元的情報)が分かりづらいのです。

インプラントの治療計画を立てる際には、神経、血管、骨の位置や状態を立体的に知ることが大変重要になりますので、レントゲンの画像だけでは難しくなります

安全にインプラントの手術をするためにはCTは欠かせない設備なのです。

 

サージカルガイド

 

歯科用CTと専用のソフトを連動させ、骨にインプラントを埋める、より正確な位置を決めるマウスピースのようなものです。コンピューター上であらかじめインプラントを埋める位置、深さ、方向などを決め、それに合わせて骨を削るドリルが正確な位置に入るよう誘導してくれます。手術の外科的侵襲、手術時間等が減少します。近年、最も進歩した分野で、パール歯科医院でも積極的に取り入れています。

上記のようにインプラント治療を含め、歯科治療の技術などは日々進歩しています。

また上記以外にもまだまだ新しい技術や設備はたくさんあります。このように進歩した技術や設備が増えることで、インプラント治療の成功率もあがり、またインプラントも患者様により身近なものになるではないでしょうか?

 

Page 1 of 5512345...102030...Last »

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ