歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ
Page 1 of 5912345...102030...Last »

唾液の働き

歯の豆知識

 

唾液の働き

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

皆さんは唾液がお口の中でどのような働きをするかご存知でしょうか?

唾液は、耳の下にある耳下腺、顎の下に顎下腺、そして、舌の下にある舌下腺という3箇所から分泌され、口の中を潤します。

1日で分泌される唾液の量は、約1リットル位になりその多くは、顎下腺から分泌されます。

そして、唾液の最も代表的な効果は抗菌作用ですが、そのほかにも消化作用、毒素排出作用、お口の中を中和する働きや、味覚を感じさせる働きの補助などもあります。
歯周病や虫歯など、口の中に住んでいる数百種類の細菌を唾液が殺菌してくれ、害のない状態にしてくれることばかりではなく、食べ物を食べた時に、酸っぱい、甘い、しょっぱい、苦いと感じるのは、食べ物に含まれる味物質が唾液に溶け込んで舌で味を感じているからです。唾液がなくなると味がわからなくなってしまいます。歯で噛み砕かれた食べ物は、唾液と混ざり合うことで飲み込みやすい形になり、のどから胃へと届けられるのです。

それだけではなく、唾液は消化も助けます。食事をしてもお口の中が傷つかないのは唾液が潤してくれているおかげなのです。他にもお口の中を中性に保ち、初期虫歯を再石灰化させ虫歯の進行を防ぐという働きもあります。

 

唾液の分泌は、15歳がピークと言われていて、20代では1日に約1リットル~1.5リットル分泌されていますが30代を境にして、次第に分泌量が減少し、70代を超えると、約3分の1にまで減少してきます。

水分量が、年齢と共に年々減少するのと同じように、唾液の分泌量も少なくなってきます。 ですから、唾液の分泌量が減ってくる事は、殺菌作用の低下を意味しそれに従って、口の中の細菌が増えてきて歯の健康を害したり、様々な体の不調をもたらす要因になったりするのです。

 

では、そんな唾液を増やすには、

 

1 適度な水分補給

ただし、糖分の清涼飲料水はなるべく控えましょう。

 

2 よく噛んで食べる事

噛めば噛むだけ、唾液腺への刺激となって唾液の分泌量が増えてきます。

咀嚼学会というのがあるぐらい、よく噛むことの健康効果は、かなり高いです。

 

 

3 唾液腺のマッサージなど

唾液腺にマッサージを行って、直接刺激を与える方法です。唾液が分泌する、顎下腺、舌下腺、耳下腺があるポイントを指を使ってマッサージします。普段は、あまり舌の運動というのはしないと思いますが舌を出したり、口の中で回したりする運動なども効果があります。

 

4 就寝前の歯磨き

就寝中は唾液の量が減り、虫歯菌が活発に活動できる状態です。就寝前の歯磨きをサボると虫歯になるリスクが上がってしまいます。朝起きてお口の中のネバつき、お口が臭く感じるのも就寝中に唾液の量が減ってしまうからです

唾液は、皆さんのお口の中など身体全体の健康を守ります。

唾液の減少は、虫歯や歯周病の発症リスクをも高めますので、唾液などについて気になることがあれば、是非、川崎区のパール歯科医院までご相談下さい。

 

親知らずを抜くべきケースとは?

歯の豆知識

 

親知らずを抜くべきケースとは?

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

 

歯の一番奥に、一番最後に生えてくる親知らず。

親知らずは他の歯を圧迫して歯並びが悪くなる原因になってしまう場合があります。

でも、親知らずだからと言って必ずしも抜かなくてはいけないわけではないことを皆様ご存知でしょうか?

今回は、親知らずを抜いたほうが良い場合と、抜かなくて良い場合についてご説明致します。

 

まず、親知らずとは?

親知らずの正式名称は「第三大臼歯」です。最前方の前歯から数えて8番目にある、最も奥の歯を言います。

永久歯が生えそろった後で生えてくることが多いため「親に知られることなく生えてくる歯」という意味でこのように呼ばれるようになったようです。

また、親知らずは誰にでも生えてくるものではありません。多くの人は親知らずが生えたことがると言われています。

 

また親知らずは、歯並びや生え方、歯の状態によっては、親知らずを今後の歯の治療に活かすことができる場合もあるのです。

 

下記は、親知らずを抜いた方が良い場合と、抜かない方が良い場合についてご紹介します

 

まず、抜いた方が良いケースとは、親知らずが変な向き、または半分埋まって生えているために歯磨きがしづらく、歯周病や虫歯のリスクが高い場合、もしくはすでに虫歯になってしまっている場合。

上下の親知らずが噛み合っていない場合。

親知らずが原因で歯並びが悪化しそうな場合、もしくはすでに悪化している場合。

歯列矯正のために歯を動かすスペースを作る必要がある場合。

 

親知らずは歯磨きがしづらいために虫歯や歯周病になりやすく、虫歯の放置は口臭や歯茎の腫れなど口内環境の悪化にもつながります。

 

トラブルのある親知らずが生えている限り、歯並びの悪化や虫歯のリスクをずっと抱えていることになります。

 

そのようなリスクや他の歯へ悪影響を及ぼす可能性が高い親知らずは、早めに抜歯をした方が良いのです。

海外旅行や妊娠出産などの予定がある方も、治療に行けないタイミングで虫歯や歯茎が痛む…という可能性もあるので、早めに抜歯することをおすすめします。

 

では、逆に親知らずを抜かなくてもよいケースとは?

 

親知らずが真っすぐ生えていて虫歯がなく、上下がきちんと噛み合っている場合。

完全に骨の中に埋もれていて、レントゲンで確認した時に横を向いているが、周囲の歯や歯並び、

かみ合わせ、骨などに影響がない場合。

親知らずは、その存在自体が問題なわけではありません。

 

トラブルのない親知らずであれば、入れ歯やブリッジの支えに使ったり、虫歯などで歯を抜いた場所へ

矯正治療などで移動させるということもできます。

親知らずを抜かずに残しておくことで、将来的に治療の選択肢が増える場合もあります。

親しらずは、その治療や抜歯をしないまま放置しておくと、虫歯や歯周病の悪化を招くだけでなく、ほかの歯にも影響を与えることになるのです。

 

歯並びの崩れや顎関節症の原因にもなるため、早めに対処することがおすすめです。

特に女性は、妊娠や出産時に親知らずのトラブルが起こりやすいと言われています。

ホルモンバランスの変化から抵抗力が落ち、親知らずに強い痛みが出ることもあるのです。

妊娠時は薬の服用に制限があるため、痛みを我慢しなければなりません。そうなる前に、対策を考えておきましょう。

親知らずはトラブルの原因になりやすいため、抜歯をすすめられる場合が多いと思います。

自分の親知らずは本当に抜かなければならないのか、抜くとしたらその理由は何なのか、

きちんと知っておく必要だと思います。

 

親知らずを抜く際には、注意点もいくつかありますので、親知らずなどのことでご不明な点等ございましたらパール歯科医院まで是非お問い合わせください。

TCH 歯列接触癖について

歯の豆知識

 

TCH 歯列接触癖について

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

TCH(歯列接触癖)という言葉を皆様ご存知でしょうか?

歯科医院でお口の中を診てもらった時、歯ぎしりがあると指摘されたことはないでしょか?

歯ぎしりは、就寝時におきるものですが、最近、目が覚めている時も、歯を食いしばる人が増えてきました。この現象をTCHといいます。就寝時、歯ぎしりをする人は、目が覚めている時も無意識の下で歯を食いしばる人がとても多いことが各種研究ではっきりしてきました。本来上下の歯は何もしない時、接触しないものです。食事の際は、それでも接触させますが、1日平均15~17分程度と言われています。

ただ、覚醒時でも、無意識で長時間、TCHの人は接触させます。

これが、お口のまわりの筋肉や関節に大変な悪影響を及ぼし、顎関節や頭痛や肩こりを誘発させます。

更には、歯周病の悪化、歯の咬合痛、歯の移動、舌・頬粘膜の誤咬、充填物・補綴物の脱離、歯冠破折、慢性口内炎、舌痛症、発語不明瞭化など、口腔内の症状を引き起こすことがあります。

 

下記に当てはまる方はTCH要注意です。

 

スマートフォンやパソコンを頻繁に使う方

習慣的に噛みしめる回数が多い方

スポーツ練習など、力仕事など、一生懸命何かをしているときに噛みしめる癖がある

仕事や対人関係など、不安や緊張などのストレス状態にある方など。

 

では、TCHを改善するにはどうすればよいか?

まずはご自身がどのような状況で歯を接触させているのかを理解する必要があります。

そして、そのような生活の場では「リラックスを心がける」、「意識して口を開ける」など歯を接触させないための生活の改善が求められます。

例えば、日常生活で目に入りやすい場所に「リマインダー」というTCHを思い出させるための

キーワード(「リラックス」など)を書いた張り紙を張るのがとても有効です。更には、TCH防止のためマウスピースを口腔内に装着することもあります。

ストレスの多い現代社会において、歯を食いしばって仕事をしている方も増加しています。

また特に最近増えているのが、下を向きながらのスマホの画面を操作している人です。

そのような人は、姿勢の問題もあり、無意識に噛みしめ、TCHになる確率が非常に高いのです。TCHによる歯並びや噛み合わせの相談、TCHそのものについてご質問などございましたら、ぜひパール歯科医院までご連絡ください。

歯茎の変色を解消する方法

歯の豆知識

 

歯茎の変色を解消する方法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

お口に関するよくあるお悩みのひとつに、歯茎の変色があります。 歯の審美歯科が一般的になったことから白くて綺麗な歯の方が増えましたが、歯茎の色まで気にされている方は少ないのではないでしょうか。審美歯科で白くて綺麗な歯になっても、歯茎が黒ずんでしまっていては、せっかくの綺麗な口元も効果が半減してしまいます。 今回は、見た目にも関係する、歯茎の変色する原因についていくつかご紹介していきたいと思います

タバコによる変色

 

タバコにはさまざまな有害物質が含まれています。中でもニコチンやタールは、メラノサイトというメラニンを作る細胞を刺激してしまうことが分かっています。そのためメラニンが多く生成されてしまい、歯茎が黒くなってしまうのです。

また、タバコのヤニ(タバコの煙から一酸化炭素やガスを除いた粒子状の成分)が歯茎の表面に付着することでも変色を招きます。タバコを原因とする歯茎の変色(メラニン沈着)は、ガムピーリング(薬液塗布によってメラニンを除去する処置)によって改善することができます。

 

金属による変色

 

虫歯治療で入れた詰め物や被せ物などに銀歯を使っているケースで起こる歯茎の変色です。銀歯は経年劣化すると錆びてイオン化し、溶け出していきます。この溶け出した金属イオンが歯茎に触れて沈着すると、歯茎が黒くなってしまいます。

特に、前歯の差し歯において歯茎が黒ずむと見た目にも影響が大きくなります。

また、被せ物に使用されている金属の一部が露出してしまうことも原因です。この露出は被せ物と歯茎の境目にあらわれ、金属部分がくっきりとした黒い線を描いたように見えることがあります」。

この部分を「ブラックマージン」と呼んでいます。

ブラックマージンは差し歯を入れて数年してあらわれます。これは差し歯を入れた後に歯茎が少しずつ下がり、歯茎の下に隠れていた金属部分が露出してしまうのが原因です。

また差し歯を入れた直後からブラックマージンが見られるケースもあります。この場合には、前歯の歯茎の薄さ故に、金属部分が透けてしまうことや、差し歯の形状に問題があることも要因の1つです。

そのブラックマージンは歯茎の色が変色しているわけではないので、差し歯を新しく替えることで黒ずみを解消することができます。

また普通の差し歯で歯茎が黒ずむもう1つの原因は、金属の一部が歯茎へ溶けだし、その溶けた金属が歯茎を黒く染めてしまうことです。また歯根に金属の土台を入れた後、その土台の形を整える際に削られた金属の破片が飛び散り、歯茎を黒くしてしまう場合もあります。

このように金属自体が歯茎の中に入り込むことで生じる歯茎の黒ずみをメタルタトゥー(金属刺青)と呼ばれています。

 

歯周病による変色

 

歯周病に侵されてしまった歯茎は炎症により赤く腫れ(炎症)ています。歯茎の炎症は、初期の歯周病(歯肉炎)の段階から起こる症状ですが、歯周病の進行に伴い、歯茎の炎症がすすみ、赤紫っぽくなり、さらに黒ずんでいきます。 これは、歯茎の炎症に伴い、歯茎の中をとおる毛細血管の血流が阻害されることで生じる症状です。いずれも歯周病による歯茎の炎症による黒ずみのため、適切な歯周病治療で改善することができます。

 

以上のように歯茎が変色してしまう理由は、タバコや歯周病が原因ではありますが、土台や被せ物に使用される金属がその大半を占めていると言われています。そのため差し歯に金属を使用しないことが、歯茎の黒ずみなどの変色を予防する方法の1つが、差し歯は歯根に入れる土台から、その上にかぶせる被せ物まですべてメ金属を使用しないメタルフリーとなるのです。

 

そのメタルフリーの代表として以下の種類が挙げられます。

 

  • レジンコア ファイバーコア

虫歯で歯の部分を多く失った場合、被せ物を入れる前に歯根に土台をいれて補強することが必要です。この土台のことをコアと呼ばれています。

金属を使わないコア(メタルフリー)を使用することで、歯茎の変色を予防することが可能です。

また、金属を使わないコア(メタルフリー)には、レジンコアやファイバーコアと呼ばれる種類があり、

ファイバーコアはガラス繊維でできた芯棒とプラスチックで作られます。ファイバーコアは金属よりも柔らかく、入れた後に歯が割れにくいというメリットもあります。

 

  • オールセラミッククラウン ジルコニアクラウン

オールセラミッククラウンとは、すべてセラミックのみで作られた被せ物です。

金属を使用していないので透明感や色調に優れるほか、歯茎との馴染みが良いことなどメリットがあります。

ただオールセラミックには金属による補強がない分、強度に劣るというデメリットもありますが、近年ではセラミックをさらに強固にしたジルコニアという材質が生まれ、セラミックの弱点であった強度を補えるようになりました。ジルコニアクラウンは咬む力が強い奥歯にも使用することがでるほか、金属を用いないブリッジも作成することができるのです。

 

ファイバーコアやオールセラミッククラウンに代表されるような金属を使わない差し歯は、歯茎の変色を予防するだけではなく、歯や歯茎に馴染みやすいため虫歯になりにくいという点も挙げられます。そして、金属アレルギーの方でも安心してご使用していただけます。

 

以上のように歯茎の変色は治療をしたり予防をしたりと可能です。

もしお口の事でお悩みなどございましたら、パール歯科医院までお問い合わせください。

 

 

 

 

子供を虫歯から守る方法

歯の豆知識

 

子供を虫歯から守る方法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回は子供を虫歯から守る方法についてご説明いたします。

 

虫歯とは、酸によって歯が溶かされる病気です。歯はとても硬いのですが、酸の影響で溶けやすいという特徴があります。そして歯が苦手とする酸を創りだすのが「虫歯菌」と呼ばれるミュータンス菌。

ミュータンス菌は食べカスなどでできる歯垢に生息し、糖分を利用して活発に酸を作り出します。

酸の影響で溶けた歯は、少しずつ侵食されて穴が空き、放置しておくと冷たいものがしみたり、痛みを感じたりするようになってしまいます。

虫歯の原因は「ミュータンス菌の存在」と「ミュータンス菌を活発にする糖分」と言われています。

口内のミュータンス菌と糖分を減らすことができれば、虫歯になりにくくなるといえます。

では、ミュータンス菌と糖分を減らすための具体的な方法とは何でしょうか?

 

それは、赤ちゃんの時に虫歯菌の感染を防ぐことなのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌はいません。ミュータンス菌のほとんどは

赤ちゃんが約2歳半を過ぎる頃までの間に大人から感染しているのです。感染が遅くなるほど子供は虫歯になりにくくなることがわかっており、赤ちゃんのときにミュータンス菌の感染を防ぐことがそのまま子供の虫歯予防につながります。

 

ミュータンス菌は唾液を介して感染するので                  、

 

大人が口をつけた箸やスプーンで赤ちゃんにご飯を食べさせない

大人が一度でも口をつけた食べ物は食べさせない、

 

などを心がけることで、ミュータンス菌の感染リスクを抑えられます。

また、子供がミュータンス菌に感染したとしても、口内ケアをして歯垢や糖分を一掃しておけば

虫歯を防ぐことができます。当たり前ですが、そのためには、よく歯を磨くことが重要になります。

歯磨きを嫌がる子供は多いので、3歳までに歯磨きを習慣化することは虫歯予防の基本になります。

最初は歯ブラシに抵抗を感じる子もいるので、乳歯が生え始めた赤ちゃんのときはガーゼで拭うようにして歯磨きを習慣づけてみましょう。歯磨きを嫌がる子には、色々工夫して磨いたり、子供が喜ぶような歯ブラシを使ったりして「歯磨きは楽しいもの」と思ってもらえるよう、試してみてください。

また、糖分の摂取を抑え食生活を見直す事が重要になります。

 

唾液は口の中を中性にするので、ミュータンスが出す酸で虫歯になるのを防いでくれますが、糖分を多く摂取すると唾液では防ぎきれなくなり、虫歯になりやすくなってしまいます。また、糖分を摂取する間隔が短いことも虫歯になりやすい原因となります。

お口の中を中世にすることが間に合わなくなり、ずっと酸性のままにになってしまうからです。食生活を見直して、唾液の分泌を増やすことが大事になってきます。

食物繊維が豊富で、噛みごたえのある食べ物を意識的に食べるようにしてみたり、

また、糖分が多く含まれるチョコレートなどのお菓子類やジュースはできるだけ控え、

食べた後にはすぐに歯磨きをするといったことで、虫歯への予防効果がより高まります。

虫歯の予防はなかなか効果のわかりづらいものです。

 

乳歯のときに虫歯になると、永久歯も虫歯になりやすくなるなど、悪影響があります。

予防はすぐに効果が出るものではありませんが、毎日地道に実践しておくことがお子様の10年後、

20年後の健康な歯を守ることにつながります。ただし、あまり神経質に虫歯のことばかり考え過ぎず、お子様と一緒に楽しみながら毎日の口内ケアに取り組むことが大切だと思います。

お子様のお口の事でご不明な点などございましたら是非、パール歯科医院までお問い合わせください。

 

虫歯になりやすい人の特徴とその予防法

歯の豆知識

 

虫歯になりやすい人の特徴とその予防法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

皆さんの周りには、虫歯になりやすい人はいませんか?

その虫歯になりやすい人にはそれぞれ特徴があるのをご存知ですか?

今回は虫歯になりやすい人の特徴とその予防についてご説明致します。

ではまず、虫歯とは?一体何でしょう?

 

虫歯は、歯の表面についた虫歯菌が、酸を出し、歯を溶かすことで起こる病気です。

虫歯菌は、歯を溶かす酸をつくる力の強い菌や弱い菌がいて、力の強い菌が多ければ当然、虫歯になりやすくなります。強い菌と弱い菌、人によりどちらの菌がいるかは調べてみないとわかりません。 虫歯菌は、糖分を餌にして歯を溶かす酸を出したり、どんどん増えるため、甘い物をよく食べる人は当然、虫歯になりやすくなります。その他にも、食事の頻度や歯並び、歯みがきの状況、唾液の量など、さまざまな原因によって生じるのです。

        以下、思い当たる人は要注意です。

 

  • 歯みがきは1日1回以下、あるいは歯磨きの時間が3分以内 これでは歯の汚れ(プラーク)はたまる一方です。虫歯菌も増殖し続けます。

 

  • 甘いものをよく食べる 虫歯菌は糖分を餌にするため、虫歯菌の増殖を招きます。

 

  • 歯科医院で定期検診を受けていない。

しっかり磨いたつもりでも歯と歯の間や歯の裏側はよごれがたまります

  • 唾液の分泌量

唾液が多いと虫歯菌の出した酸を洗い流してくれます。

 

  • 歯並びが悪い
  • 歯並びが悪い場合、普通に磨いただけでは、歯ブラシが届かないなど、整っている状態に比べて虫歯リスクは高くなります。

 

  • かぶせ物や詰め物が多い

詰め物と歯の間に隙間ができやすいため、虫歯になりやすくなります。

詰め物の内側に虫歯ができる場合もあ    り、進行に気づきにくく、注意が必要です。

虫歯予防に効果的なポイント

     ■寝る前の歯磨きをしっかりする 基本的に虫歯菌は、就寝中の唾液がほとんど分泌されない時間に

歯に穴を開け  ようとします。就寝前の

歯磨きは、徹底的に行い、少しでも虫歯菌の量を減らすことを心がけましょう。
就寝前の間食は避ける 毎日の食事以外の間食は、唾液によって歯を修復する時間が不足しがち。

特に就寝前ぎり  ぎりの間食は厳禁です。

口の乾燥を減らせるようリラックスも必要
緊張やストレスなどで、知らないうちに口の中が乾きやすい状態は、歯にとって過酷な状態、

虫歯にもなりやすい状態と考えられます。口が渇いたと思ったら、洗口液やガムなどを利用して

口の中の潤いにも気をつけましょう。

 

ご自身では気が付かなくても、すでに虫歯がある場合は、いくら歯磨きをがんばっても進行します。

歯科医院で定期検診などを利用して早期に治療を済ませれば、虫歯や歯周病などの予防にもなります。

虫歯や定期検診でお悩みな点等ございましたらパール歯科医院までご連絡ください。

 

Page 1 of 5912345...102030...Last »

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ