歯の豆知識ブログ

1 2 3 4 5

虫歯

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

前回のブログで虫歯と食事の関係について

書かせていただきましたが、

今回は少し掘り下げて

虫歯のでき方について

詳しく書かせていただきますね。

 

虫歯のできかたはご存知ですか?

 

genins1.jpg

 

自然にできるようですが、

やはりそれだけではありません。

 

このできかたを知っていると、

誰でも十分虫歯予防ができると思います。

 

口の中では、まず食物のカスが

虫歯菌によって歯垢(プラーク)という

虫歯菌の巣になります。

 

そして巣である歯垢(プラーク)の中で、

虫歯菌はどんどん繁殖してしまうのです。

 

この虫歯菌は、

繁殖する際に食べ物の中の

「砂糖」や「炭水化物」などを

栄養(エサ)とします。

 

そして「酸」を作るのです。

 

yjimage1-2.jpg

 

この酸によって、

歯の表面(エナメル質)から

ミネラル成分が溶けだします。

 

これが虫歯の始まりなんです。

 

もう少し詳しく説明しますね。

 

歯の表面に住む、

ごく少数の虫歯菌(ミュータンス菌)は、

食物中の砂糖や炭水化物を分解し、

ネバネバの物質を作ります。

 

この物質はグルカンといい、

そのつよいネバネバが

虫歯菌が歯の表面にくっつくのを

助けてしまいます。

 

やがてそこには虫歯菌に限らず、

歯周病菌等の多数の細菌が

住み着くようになり、

細菌の巣(プラーク)が作られていきます。

 

プラーク中の虫歯菌は、

食物中の砂糖、炭水化物などを

取り込んで分解し、酸を作ります。

 

また虫歯菌以外にも、

同じように糖を分解して

酸を出す細菌はいます。

 

この酸によって歯表面のエナメル質が

溶かされて虫歯になるのです。

 

ところで虫歯になりやすい人、

なりにくい人がいるのをご存知でしょうか?

 

もともと、

歯の表面のエナメル質の密度が高い人、

低い人というのがいます。

 

虫歯になりやすい人は、

特にこのエナメル質の密度が低いのです。

 

これはもって生まれたものですが、

フッ素を上手に使えばある程度

歯を強くすることが可能です。

 

それと時間です。

歯の表面が汚れても、

虫歯菌の活動が活発になって

酸を産出するまでは

24時間程度かかるといわれています。

 

 

gazo.jpg

 

上の図を見て下さい。

虫歯になる原因は、

1、虫歯菌 2、砂糖 3、歯質 4、時間

ということになります。

この4つが重なっている部分が虫歯です。

 

これらのことを意識して生活すると、

虫歯は自分でも予防ができるのです。

 

例えば、虫歯の食料になる砂糖を控えたり、

食事をしたらすぐに歯を磨いて、

虫歯の住処になってしまう

汚れをしっかり取り除くことなど、

出来ることから

意識しておこなってみて下さいね!

 

yjimage3-1.jpg

 

gazo.jpg

虫歯になりにくい歯

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

歯磨きが虫歯予防の

基礎中の基礎であることは当然ですが、

今回は歯磨きからすこし離れて、

お話を進めていきたいと思います。

 

musibayobou-1.jpg

 

歯をしっかり磨く他にも、

虫歯になりにくい、

規則正しい食生活を送ることが大切です。

 

食べ物を口にして、

虫歯菌が反応して口の中の酸の濃度が

最もあがるのが、食後5分から20分です。

 

以前のブログで書いた通り、

その酸が歯を溶かして虫歯ができます。

これを脱灰といいます。

 

その後新しい唾液が出ることで

徐々に酸の濃度は下がり、

唾液によって溶けた歯は自然と元に戻ります。

これを再石灰化といいます。

 

ごく初期の虫歯は自然と治ってしまうのです。

 

これを表したのが上図の

ステファンカーブといいます。

 

だらだらと時間をかけて食べ続けると

常に口の中が酸性になってしまい、

虫歯になりやすくなるのです。

 

musibayobou-4.jpg

 

この図をご覧下さい。

 

上の赤い部分が歯が酸によって

溶けている時間です。

 

溶けた歯が唾液によって

戻る場合もありますが、

食事やおやつの回数が多いと

歯が酸に溶かされる時間が長くなり、

虫歯のリスクが増えてしまいます。

 

口に入れるものの「量」よりも

「回数」が虫歯になる原因となるのです。

 

規則正しい食事やおやつをとることで、

虫歯は予防できるのです。

 

musibayobou-5.jpg

 

また、一生のうち虫歯になりやすい時期

というのがあります。

 

永久歯の生えたての時期です。

つまりお子様の乳歯が抜けて

生え変わる頃です。

 

生えたての歯は、

フッ素のコーティングがないのです。

 

生えたての歯は質が弱いため、

時間をかけて成熟して強くなります。

 

年月がたつと食物(緑茶や海産物)

に含まれるフッ素が自然と歯の表面を

コーティングしてくれて歯が強くなります。

 

永久歯は6歳位から生え始めますので、

10代の前半を虫歯にせずに

乗り切ることができるかどうかで

歯の一生が決まってしまうんです。

 

矯正治療をする機会が多いこの時期に、

正しい生活で虫歯を予防していきましょう。

 

では虫歯予防のポイントをまとめますね。

 

①歯磨きで歯垢を取り除く

②食事、おやつは回数や時間を決めて食べる

③フッ素で歯を強くする

 

以上の3点です!

 

お子様が小さい頃から

歯医者に通って慣れさせてあげるのも

良いかと思います。

 

歯が生え始めたらフッ素を塗って予防したり、

歯並びなどをチェックしてもらいましょう。

 

小さいうちからしっかり予防して、

一生自分の歯で食事しましょうね。

パール歯科医院では

そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

歯が欠けてしまった時は

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

今日は歯が折れたり、欠けたりした場合の

対処方法について書かせていただきます。

 

毎日の生活の中で、

思いかけず歯を何かにぶつけてしまい、

歯が欠けてしまったり、

折れてしまったりといった

経験のある方がいらっしゃるかと思います。

 

そんな方に対処法などを

説明させていただきますね。

 

歯が欠けてしまったりする要因

 

・転倒、スポーツ、

交通事故等のアクシデントにより、

歯が欠けたり折れたりする外傷によるもの

 

・虫歯の進行から歯が欠けてしまったり、

歯の神経などを抜いてしまって、

折れてしまったもの

 

・歯並びやかみ合わせの悪さで

歯に負担がかかり欠けてしまったもの

 

・歯ぎしりにより欠けてしまったもの

 

 

治療方法

 

欠けた大きさなどにもよりますが、

少しだけ欠けてしまった場合は

尖った部分などがないように

歯の形を少し整え、

コンポジットレジンとよばれる

プラスチックの材料で修復します。

 

また、欠けてしまった部分が大きく、

歯の神経まで到達しているケースだと

痛みを伴うことが多いため、

神経を抜く必要があります。

 

神経を抜いたあとは、

神経の代わりに薬を詰めて

コンポジットレジンで修復するか、

被せ物をしますが、

欠けた部分がかなり大きく、

歯の根元で折れて引っ張り出せない場合や

縦に歯が折れてしまった場合は

歯を抜かなければなりません。

 

歯を抜いた後はブリッジや入れ歯、

インプラント治療などを行い修復します。

 

対処

 

すぐに歯医医院で受診しましょう。

小さく欠けて痛みが少なくても

鋭利な部分ができてしまい、

口の中を傷つけてしまうことがあります。

 

歯の状態によっては

その歯を接着することができる場合もあるので

欠けたり折れたりした部分を

歯科医院に持ち込みましょう。

 

歯が根っこごと抜けてしまった場合も

歯を歯科医院にもって受診してください。

 

受診までの時間が短く、

歯と骨をつなぐ歯根膜がいきていれば

歯を戻すことができる場合があります。

 

歯根膜は乾燥に弱く、

18分乾燥状態になると死んでしまいます。

 

抜けた歯の保存方法としては、

24時間歯根膜を生かすことができる

歯の保存液か、

牛乳パックの中にいれて持ち込みましょう。

 

牛乳は歯の歯根膜を

約6時間生かしておくことのできる、

最適な保存液なんです。

 

水道水だと歯根膜が生き残るのは

1時間と限定され、2時間経過すると

歯根膜は死んでしまいます。

th.jpg

 

大事なのは歯にトラブルがあった場合、

すぐに歯科医院で処置してもらうことです。

処置までの時間が短ければ

歯をもとに戻せる確率も高くなるのです。

 

歯が欠けたり折れてしまう原因の大半が

予想できないアクシデントからきています。

thP8GZN2Y7.jpg

 

そのアクシデントは

時間や場所を選ばずやってきます。

 

時間帯や場所が悪く、

歯科医院に行けないからといって、

接着材などを使い自分で対処することだけは

しないようにしましょうね!

 

欠けた部分が正確に戻らない場合、

咬み合わせの位置がくるって

別の疾患を引き起こすことがよくあります。

 

歯の欠けや折れもスポーツをする方、

歯ぎしりが強い方は事前にマウスピースという

歯を守る装置もあるので、

そのような装置をつかいながら

予防をしてみるのもいいかもしれません。

 

急なアクシデントなどで

歯が欠けてしまった時は

まずご連絡下さいね。

 

 

 

詰め物と被せ物

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

本日は詰め物と被せ物について

書かせていただきますね。

虫歯を削り、その削ったところに

詰め物や被せ物をいれている方は

現代において多くいらっしゃるかと思います。

 

その詰め物や被せ物について

どれだけ認識されていますでしょうか?

 

詰め物って何?被せ物とは一体何?

 

そういった疑問についてお答えしていきますね。

 

 

詰め物とは軽度の虫歯の治療に使われ、

虫歯になった部分を削り、

削った個所に付けるものです。

それをインレーと呼びます。

2インレー.jpg

 

 

 

被せ物とは虫歯の程度が大きい、

かつ詰め物では補いきれない場合の

治療に使われ、虫歯を削ったあとの

人工の歯として用いられるものです。

それをクラウンと呼びます。

クラウン.jpg

 

 

 

 

よって虫歯の進行具合や程度により、

詰め物か被せ物のどちらで治療するか

決まってくるのです。

 

また、上記の詰め物と被せ物には

色々な種類の材質などがあるのをご存知ですか?

 

 

保険適用の材質

 

◆銀合金

(俗に言う銀歯というもので、

金属は金銀パラジウム合金を使用)

インレーやクラウンで使用可

 

長所

・保険適用で費用が安く、通院数が少ない

 

短所

・口を開けたときに銀歯がみえてしまう審美的問題

・硬い為噛み合わせの歯を傷つける可能性がある

・長期使用すると錆びて金属イオンが溶け出し、

   それが金属アレルギーを引き起こす原因に

    なることがある。(銀合金)

 

◆レジン

(材質は合成樹脂の一種で見た目が白い)

インレーやクラウンで使用可

 

長所

・保険適用で費用が安い

・見た目が白く少し審美的には良い

 

短所

・変色や磨り減りやすく、割れやすい

・大きな虫歯には適用できない

 

◆アマルガム

(水銀20パーセントを含む銀色の詰め物)

20世紀を中心に診療に用いられたが、

昨今、水銀の害が知られ2016年4月より

公的保険治療から外された。

 

自由診療の材質

 

◆ゴールド

(俗に言う金歯というもので、

金属は75%~84%の金含有の金合金)

インレーやクラウンで使用可

 

長所

・天然歯の硬さに近く、噛み合わせの歯を

    傷つけることがない

・錆びて金属イオンが溶け出す可能性が低い

 

短所

・金の高騰により費用がかかる

・セラミックの進歩や審美的な問題もあり、

    減少傾向にある。

 

◆セラミック

(金属を使わない均一のセラミック。

お茶碗の素材)

インレーやクラウンで使用可

 

長所

・強度に優れ長持ちし、変色しない

・最も天然の歯に近い色調で審美的に優れている

 

短所

・費用がかかる。

 

◆ハイブリッドセラミック

(セラミックとプラスチックの混合物)

インレーやクラウンで使用可

 

長所

・セラミックに比べるとやや安価

・割れにくい

・審美的に悪くない

 

短所

・セラミックに比べると透明感がなく、

    長期的にみるとわずかに変色し磨り減る

 

◆ジルコニアセラミック

(セラミックのなかで最も硬い。)

クラウンで使用可

 

長所

・耐熱性、耐久性、耐腐食性が高い

・硬く柔軟性があるので金属を使わずにできる

・体にやさしい

 

短所

・費用がかかる

 

 

このように詰め物や被せ物には

たくさんの種類が存在します。

images8CIK75YG.jpg

 

それぞれ特徴は様々で

自分にはどれが合っているのか?

どれを選べば良いのか?

とわからない方が多いと思います。

 

そのような時は、

お気軽に歯科医師にご相談ください。

一人ひとりに合った詰め物や被せ物を

ご提案させて頂きます。

 

 

 

 

入れ歯について

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

お久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は入れ歯について書かせていただきます。


入れ歯って何?

まずは入れ歯の歴史から説明しますね。

皆さんは入れ歯がどのくらい前から

使われていたかご存知ですか?

入れ歯は紀元前からさかのぼり、

わが国日本では平安時代のころから

使われていると言われています。

当時の入れ歯は木製でした。

前歯や奥歯が木に彫ってあり、

残りの歯と合うように作られていました。


ちなみにそのころ歯医者さんは

口内医と呼ばれており、

木製の歯を作る人を入れ歯師と呼んでいました。

 

入れ歯とは歯が根元から

無くなってしまった場合に使うもので、

入れ歯をいれている人が

自ら取り外しを行うことができます。

また、入れ歯は大きく2つにわけられます。

歯が1本も残っていない人が使う
『総入れ歯』


1本以上歯が残っている人が使う
『部分入れ歯』です。

 

全部床画像.jpg

部分.jpg

 

総入れ歯は人工歯と呼ばれる歯の部分と、

歯茎を似せて作る床でできてるものです。

 

 部分入れ歯は人工歯と床があり、

針金や金具で残っている歯に引っ掛けて

安定させるものです。

1本だけ歯を失った人から、

多くの歯を失った人まで

幅広い治療に対応できます。

 

また、総入れ歯や部分入れ歯には
治療方法や材質、
保険適用の有無により
いくつかの種類があります。

 

 

プラスチック義歯(保険適用)

長所

1.保険適用がきくので治療費が安い

2.修理しやすい

3.6か月ごとに再製作ができる

 

短所

1.違和感があり、慣れるまで時間がかかる

2.入れ歯の内側にものが入りやすい

3.発音がしにくい

4.手入れが必要(食後など)

5.材質が弱いので割れやすい

 

 

コバルトクロム床義歯(保険外)


長所

1.上の顎が薄い金属でできているため、

       口の中が広く感じる

2.熱がアゴに伝わりやすい

3.薄く入れ歯をつくれて強度がある

4.プラスチックの3分の1の薄さなので

       違和感がない

 

短所

1.保険がきかず高価である

2.製作に時間がかかる

 

チタン床義歯(保険外)


長所

1.軽い(コバルトクロムより軽い)

2.アレルギーが起こらない

    (骨に埋め込むインプラントと同じ材質)

3.使用感、装着感がとても良い

4.熱がアゴにつたわりやすい

 

短所

1.保険がきかず高価

2.製作に時間がかかる

金属床.jpg

 

 

インプラントオーバーデンチャー(保険外)

インプラント(チタン製のボルト)を

約1本~4本アゴに埋め込み、

その埋め込んだインプラントを支えにして

取り外し式の総入れ歯を装置着する方法です。

 

長所

1.入れ歯の中で1番しっかり噛むことができる

2.アゴの骨に刺激が伝わり、

       歯肉やアゴの骨の退縮を抑える

3.使用感が、最も自分の歯に近い

4.バネや複雑な仕掛けがないので

       通常の義歯に比べて手入れが簡単


短所

1.外科処置が必要

2.高価である

オーバーデンチャー.jpg

 

 

保険適用の入れ歯は、

ほとんどすべての方が受けられる治療ですが、

従来の入れ歯はすべての方が

満足できる治療とは限りません。

それにより材質や治療方法を変え、

入れ歯のデメリットを

メリットにかえることはできますが、

歯を失ってから治療を考えるのではなく、

歯を失わないよう、予防を心がけることが

大事だと思います。


歯を大事にして、

いつまでも健康で素敵な笑顔が絶えない

人生を送ってみてはいかがでしょうか?

 

入れ歯に関して、

不明な点や疑問点がありましたら、

いつでもお気軽にご相談くださいね。

マウスガード

 

こんにちは。

川崎区小島新田のパール歯科医院です。

 

『マウスガード』

 

皆さんはマウスガードと聞いて

何を連想しますか?

 

マウスガードは

マウスピースやガムシールドとも

よばれております。

 

よくボクシングなどの格闘技や、

ラグビーなど激しい衝突などを伴う

スポーツなどに使われていますよね。

 

スポーツの最中、

歯や口をケガすることは少なくありません。

 

そこでマウスガードの登場です。

thBYVLZDW2.jpg

 

マウスガードはアゴの骨折、歯の脱臼、

歯の損傷を予防でき、

更に脳への振動を軽くしたり、

頸椎のダメージに対する

予防効果があります。

 

最近ではその効果が知られるようになり、

使用している人達が年々増えてきています。

 

近年、一部のスポーツでは

義務化されているほどです。

 

thW5XRZTI9.jpg

 

そのマウスガードですが、

材質は主に樹脂製で

上のアゴにはめるタイプや

上下の歯で噛むタイプがあります。

 

その制作方法は市販品もあれば

オーダーメード品もあります。

市販品は80度くらいの熱湯につけて

柔らかくし、口の中にいれて噛みこみ、

その後冷水につけて個人の歯型に

合わせた形状にするものです。

 

簡単にできる分、

口を開けるとすぐにおちたり、

ちゃんとした噛み合わせができないため、

顎の関節などを痛める場合もあります。

 

またしゃべりにくさも欠点にあげられます。

 

thZBXHLAGV.jpg

 

オーダーメードは肉の厚みや

噛み合わせを指定でき、

また色などを

自分で配色できる点があります。

 

歯科医院で精密な型どりをして

作られたものの方がより安全で、

市販品にくらべると

しゃべりにくさが改善されています。

 

◆スポーツ以外の用途

スポーツ以外では

形や少し材質はかわりますが、

寝ているときの歯ぎしり予防です。

 

歯ぎしりの原因は、

ストレス・良くない噛み合わせ・

過剰なアルコール摂取や

喫煙等とされています。

 

就寝時に装着することで

歯の磨り減りやあごの痛みを軽くし、

顎関節症の予防にもなります。

 

こちらも市販がありますが、

やはり精密性を考えると

歯医者さんにいってオーダーすることを

おすすめします。

 

市販品ですと就寝時無意識のうちに

外してしまったり、

顎の関節に逆に問題が

起きたりすることもよくあるようです。

 

歯ぎしり用なら、

ほとんどの場合保険適用で制作可能ですが、

病名や処置によっては

保険適用できない場合もあるので、

かかりつけの先生に相談してみてください。

 

歯ぎしりは自覚症状がないので、

口だけではなく身体にまで

影響がでてきます。

 

肩こりや首の痛み、背中の痛みも

歯ぎしりと関係があるといわれています。

 

この際歯にかかる力は

自分の体重とほぼ同じといわれています。

 

そんな力が毎晩自分の大切な口元に

かかっていたらどうでしょうか?

 

しっかりお口のケアをしてあげましょう。

歯ぎしりなどのお悩みも

ご気軽にご相談下さいね。

 

 

 

1 2 3 4 5

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ