歯の豆知識ブログ

1 2 3 4 5 6 7 8 18

歯周病のせいで心臓疾患に?!

 

こんにちは。

川崎区小島新田駅前のパール歯科医院です。

 

今回は歯周病と心臓疾患について

ご説明いたします。

 

現代の日本では心臓病は癌に次いで、

日本人の死因の第2位と言われています。

 

心臓病のなかでも

歯周病菌が特に関係しているのは、

感染性心内膜炎と虚血性心疾患

(狭心症と心筋梗塞)です。

 

心内膜炎とはどんな病気でしょうか。

 

それは、心臓の内側に細菌が付着し

増殖することで起きる

心臓内部の炎症のことです。

 

細菌が増殖すると

心臓内部で炎症を起こします。

 

炎症が続くと心臓の動きが悪くなり、

血液の流れが悪くなる結果、

ほかの臓器においても

問題が生じやすくなってしまいます。 

 

歯周病が進行した患者様は

歯周病菌が歯肉の血管から全身に回り

心臓の内部に感染を起こすと、

細菌性心内膜炎に至ってしまいます。

 

健康な方が歯周病だけで

起こるものではありませんが、

歯周病にかかった方は

少しずつ心臓がむしばまれていく

可能性があるのです。

 

先天性心疾患などをお持ちの方は

特に注意が必要になります。

 

心臓は全身に血液を送り出す

ポンプの役割をしています。

 

この心臓の筋肉に

酸素や栄養を含む血液を

送りこんでいるのが、

心臓のまわりを通っている

冠動脈という血管です。

 

この冠動脈が動脈硬化によって

血流が悪くなり、

心筋に必要な血液が不足し胸が痛くなります。

これが狭心症といわれているものです。

 

periodontosis03.png

 

そして、さらに動脈硬化が進み、

冠動脈が血栓でつまり

心筋に完全に血液がいかなくなってしまった

状態が心筋梗塞です。

 

この狭心症と心筋梗塞を合わせて

虚血性心筋梗塞といいます。

 

動脈硬化は不適切な食生活や運動不足、

ストレスなどの生活習慣が原因で

コレステロールや中性脂肪が

血管壁に付着していくことが

主な要因とされてきましたが、

別の因子として歯周病原因菌などの

細菌感染がクローズアップされてきました。

 

歯周病の刺激により動脈硬化を

誘発する物質がでて

血管内にプラークができ、

血液の通り道は細くなるという報告が

医科の学会であったのです。

 

プラークがはがれて血の塊ができると、

その場で血管が詰まったり

血管の細いところで詰まったりしてしまい、

心臓に血流が届かなくなると

心筋梗塞となってしまうのです。

 

心臓病は加齢によるものだけでなく、

生活習慣に原因があることが多く、

高齢者ばかりだけでなく若い方や

働き盛りの方にとっても

無視できない病気だと思います。

 

心臓病を誘発する危険因子には高血圧、

肥満、高脂血症、糖尿病、

喫煙などがありますが、

これらの因子の1つに近年

歯周病が加えられています。

 

歯周病は歯ぐきに限局の病気というより、

全身に害を及ぼす病気と考えられます。

 

歯周病について詳しく知りたい方は、

パール歯科医院までご連絡くださいね。

 

治療後の歯を長持ちさせ綺麗に

 

こんにちは。

川崎区小島新田駅前のパール歯科医院です。

 

最近、色々な歯科医院などのホームページで

「ジルコニア」という素材の

さし歯などの宣伝を

目にすることがあります。

 

皆様も目にしたことはございますか?

 

ジルコニアはとても優れた特性を

兼ね備えた素材です。

 

ジルコニアとは

人工ダイヤモンドとしても有名で、

強く、軽く、美しく、

そして体に優しいセラミックのことです。

 

身近なところですと、

最近よくTVのショップチャンネルなどで

見かける白いセラミック製の包丁なども

ジルコニアでできています。

 

また、スペースシャトルの外壁や

医科では骨の代替素材として人工関節などにも

使用されており、体に優しく、大変丈夫で

安全なセラミックなのです。

 

現在お口の中に入れるのは、

金属やプラスチック、

セラミックなどが広く使用されております。

 

近年では、

金属アレルギーの問題がクローズアップされ、

その心配がないセラミックによる

歯科治療へと移行しています。

 

歯科用セラミック材料に求められる要素は

強度があり、美しく、

安心できる素材であることです。

 

ジルコニアは強度、耐久性、耐食性、

耐熱性に非常に優れています。

 

さらに美しく、金属材料に取って

代わるものとして最も注目されている、

セラミックの進化したものなのです。

 

このジルコニアの登場によって

歯科治療は大きく変化しようとしています。

 

thFKGFDTS9.jpg

 

ジルコニアは歯科の一般治療で使用される

金属に比べ、重量が約3分の1と軽量です。

 

ジルコニアで作成したブリッジを

お口の中に入れると、

銀歯のブリッジと比べ

違和感が少なく自然な噛む力を

回復してくれます。

 

日本では2005年に

歯科用ジルコニアセラミックとして

薬事法の認可を受け使われはじめました。

 

世界中ですでに年間約500万本以上の

補綴物に使用されています。

 

その安全性、信頼性、実績は

皆様に安心と自然な美しい笑顔を

与えてくれるのです。

 

ジルコニアは歯科材料としては

とても良い素材なのですが、

デメリットもあります。

それは健康保険適応外なので

治療費が高額になってしまうということです。

 

ただ自分自身の健康を考えると、

ジルコニアの歯を入れるのは

十分な価値があると考えられます。

 

お口の中に入れる

歯の材料というのは日進月歩です。

 

特に審美歯科の進歩は著しい限りです。

ジルコニアは耐久性が強すぎて、

咬み合わせの調整が

難しいという欠点もあります。

 

天然の歯は咬合することで

自然と擦り切れて、その背が低くなりますが、

ジルコニアはそれが少ないのです。

 

定期的に様子を見てもらうようにすることが

大事になってくる訳です。

 

ジルコニアについて

ご興味などございましたら、

是非、パール歯科医院にご相談ください。

 

thK5E4AK7J.jpg

元気で長生き!素敵な老後を送るためには

元気で健康な老後をおくるためには、生活習慣に気を配り、1日に30種類以上の食品をとることが必要になってきます。これは厚生労働省が発表した統計で主食のパンやお米などは基本1種類とカウントされるので、主菜に工夫をこらしてみてください。焼き魚なら大根おろしやしし唐を添えたり、具だくさんの和え物やお浸しを付け足すなどでクリアできるようにしていく必要あります。これと同時に現代人に不足しがちな蛋白質、カルシウム、各種ビタミン、食物繊維が普段の食事で十分に摂れるように気を配る必要もあります。パンやお米に代表される糖質(炭水化物)は、過剰摂取すると血管の老化を早め老化を進めるという報告もでています。

大事な歯を早い時点で喪失すると、食物繊維の含まれたかみごたえのある食べ物は摂取しずらくなり、ご飯やパンやうどん等柔らかい食べ物、あるいは同一の食べ物が多くなり、その結果糖尿病や心筋梗塞・脳梗塞・癌等、生活習慣病に移行してしまいます。

日本人の死因の原因一番は癌です、そのおおきな割合をしめるのが食品です。特に食品添加物の多く含まれるコンビニ弁当等を長期間摂り続けると、癌になる確率は飛躍的にアップしてしまうのです。しかも歯がないとしっかりした咀嚼ができません。同様柔らかい食べ物も咀嚼ができない・・というより必要がなくなります。咀嚼が少ないと唾液の分泌が十分でなくなります。唾液の中にはペルオキシダーゼという酵素が含まれ食品中の発がん性物質を抑えることが明確になっているのです。

十分咀嚼ができなくなり、炭水化物中心の食事になると糖尿病にも罹患しやすくなります。しっかり咬めないので、繊維質の多い歯ごたえのある食べ物(ごぼうやレンコン)が苦手になり膵臓ランゲルハンス島から分泌されるインスリンの供給が間に合わなくなり、炭水化物の糖質が一気に吸収され血糖値が急上昇する血糖値スパイクと呼ばれる現象がおきてしまいます。進行すると脳梗塞、心疾患、失明、腎疾患におよぶこともある次第です。

丈夫な歯がいかに成人病・生活習慣病の防止に役立つかご理解いただけたでしょうか。

もともと歯でよく咬むことじたいが老化を防ぐ最善の行為なのです。繰り返しになりますが咀嚼は唾液の分泌を良くし、食べ物の消化を助けます。また唾液が生産される唾液腺から出る唾液腺ホルモンには細胞の劣化を防ぐ作用があり、咀嚼による物理的刺激が脳の血流を促し脳に理想的な活性を与えることも判明しています。数年前の調査では義歯を使用する人はアルツハイマー型認知症になることが多く、特に総義歯に近くなるほどその傾向は強いこと明らかです。歯を長く持たせてしっかり咀嚼することが、豊かで快適な高齢化社会のクオリティ オブ ライフを約束してくれるのです。

口内炎だと思っていたら癌…?

 

こんにちは。

川崎区小島新田駅前のパール歯科医院です。

 

皆さんは癌と聞いて、

どういうイメージをおもちでしょうか?

 

怖い病気でしょうか?

癌は誰しもなりたくないと思う病気ですよね。

 

日本人の死因の1位とも言われており、

その割合は年々増加の傾向にあります。

 

また、発見が遅れると治る確率も下がり、

早めに治療しても再発などの恐れもある、

とても厄介な病気です。

 

癌は全身様々なところにできてしまいます。

胃癌や大腸癌、食道癌などはよく知られ、

皆さまも健診などでよくチェック

されているのではないかと思います。

 

胃や大腸、食道などは見えない場所ですが、

胃カメラや内視鏡カメラなど使用し、

検査を行っているため、現在は早期発見も

増えてきていると言われています。

 

そんな中、見える場所ではあるのに

早期発見率がなかなか伸びない

癌があるのですが、

皆さんはおわかりになりますか?

 

それはお口の中にできる癌、口腔癌です。

 

口腔癌は、その名の通り

口腔内に出来る癌です。

 

日本では毎年約6000人が

口腔癌に疾患しています。

そのうち約3000人もの方々が

亡くなっているといわれています。

 

しかも、この数字は増え続けているのです。

 

しかし口腔癌は早期発見すれば、

後遺症もほとんど残らず、

癌の治療経過をみる指標となる

5年生存率も90%

かなり治癒しやすい病気だと

いうこともわかってきており、

早期発見が大変重要な癌といえます。

 

そして口腔癌といっても

種類があることをご存知でしょうか?

 

まず、お口のなか全体を口腔と言い、

ここにできる癌を総称して

口腔癌と呼んでいます。

 

口腔癌はできる場所によって、

舌癌、歯肉癌、口腔底癌、頬粘膜癌、

口蓋癌、口唇癌に分類されて、

部位別では舌癌が最も多く、

次に多いのが歯肉癌と言われています。

 

tongue-trouble016_caption.png

 

口腔癌の5年生存率は約6080

と言われています。

 

口腔癌の癌発生頻度は

全体の約3%言われており、

とりたてて、高い訳ではありません。

 

ほかの癌と比べて患部を

直接見ることができるので

早期発見をしやすいと言われています。

 

口腔内には癌と似たような

疾患が数多くあります。

口内炎、歯肉膿瘍、歯周病などがそうで、

特に歯周は成人の大部分がかかる病気です。

 

ですから癌との鑑別が大変難しいのです。

決め手となるのは組織を切り取って

顕微鏡で癌細胞があるか、確認することです。

 

口腔癌の初期段階では

痛みなどの初期症状はあまりでません。

 

痛みや、しこり、出血、ただれなどの

自覚症状が出てきた時にはすでに

進行しているケースが多く、

痛みが出た時には遅いと思ってください。

 

早めに口腔癌健診に行ってみては

いかがでしょうか?

 

地域によっては、

その地域の歯科医師会で

無料の口腔癌健診を

実施しているところもございますので、

まずはかかりつけの歯科医院で

ご相談ください。

 

日頃から、お口の中を清潔に保つことにより、

口腔癌のリスクを下げることにつなげ、

それと同時に癌にならない生活習慣を

心がけてみてはいかがでしょうか?

 

illust_16.gif

 

インプラント手術の安全性を高めるために

 

こんにちは。

川崎区小島新田駅前のパール歯科医院です。

 

 

インプラント手術においての

安全性を高くする

サージカルガイドをご存知でしょうか?

 

今日はサージカルガイドについて説明します。

 

義歯やブリッジに比べ

圧倒的に使い勝手がよく、

周囲の歯にも余計な咬合力をかけない

インプラント。

 

しかし、インプラント治療は人工歯根を

顎の骨に埋め込む手術が必要になります。

 

その手術において、人工歯根は顎の骨の

どこに埋め込んでもいいわけではありません。

 

その長さや太さ、埋め込む位置、角度など

その顎の骨の質や状態をその周りの歯や歯肉、

嚙み合わさる歯などを診断し決定されます。

 

顎の骨は歯肉に覆われているので、

確認することができません。

 

ですのでレントゲンや

歯科用のCTで撮影を行い、

顎の骨の詳細な立体構造や

神経や血管の位置などを

精密に把握する必要があります。

 

このような検査を十分に行い、

決定されたインプラントの人工歯根を

実際に手術において想定した通りに

埋め込まなくてはなりません。

 

手術を想定したとおりに行い、

安全性や成功率をあげるために

大きく役立つのがサージカルガイドなのです。

 

サージカルガイド.jpg

 

サージカルガイドの製作方法は、

撮影されたCTのデータと

コンピューターを連動させ、

あごの骨の硬さや形態、神経や血管、

周りの歯の根の状態など位置を確認しながら、

埋め込むインプラントの最適な長さ、太さ、

埋め込む位置などを診断します。

 

yjimage2.jpg

 

そして出てきたデータを元に

コンピューター制御の機械で作製するのです。

 

サージカルガイドを用いると、

正確な位置にインプラントが埋められます。

 

顎の骨の中には複雑に血管や神経が走行し、

鼻腔や副鼻腔等、空洞もあります。

 

インプラントを正確な位置に埋め込むのは、

なかなか難しいのです。

 

サージカルガイドを使用しない場合、

どうしても手指の感覚と

レントゲン像から判断した情報で

手術を行うので手術時間も伸びてしまいます。

 

最近、インプラント治療においての事故などが

マスコミなどにより報道されています。

 

インプラント手術を安全、

確実に行うシステムは

近年、めざましい進歩を遂げ、

実に多くのシステムが開発されていますが、

サージカルガイドを

凌駕するものはありません。

 

パール歯科医院では

このことに一早く気が付き、

10年前より、

このシステムを取り入れています。

 

当院では常に最新の技術や情報を得るために、

セミナーや勉強会など頻繁に参加、開催し、

日々研鑽を積んでおりますので、

よりよい歯科治療をご提供することに

絶対の自信をもっています。

 

現在、歯の治療をお考えで、

歯科医院をお探しでしたら、

是非パール歯科医院までご連絡ください。

 

thP8GZN2Y7.jpg

歯と認知症には関係性がある?

 

こんにちは。

川崎区小島新田駅前のパール歯科医院です。

 

皆様は認知症と咬み合わせに

関連性があることを

ご存知だったでしょうか?

 

食事の際にしっかり咬み合う事が、

脳を刺激するということがわかっています。

 

歯と歯を噛み合わせた時の刺激は、

歯根から脳に伝わり、その刺激は

脳における様々な感覚を司っている部位の

活性化に繋がっているのです。

 

さて、その歯ですが、

ご高齢になるにつれてなんらかの原因で

減ってしまいがちです。

 

その残っている本数によって、

あることが最近の研究でわかったのです。

 

thYEK337T2.jpg

 

それは、認知症の進行の有無です。

 

 

最近行われた研究結果より、

高齢者の歯の残りの本数と

認知症との関連性がわかりました。

 

健康な人では平均約15本の歯が

残っていたのに対し、

認知症の疑いのある人では

9本とその差は歴然としています。

 

歯からの刺激が認知症を予防するのです。

 

そして残存歯が少ないほど、

記憶や学習能力に関わりや、意志、

思考の機能を司る部分の大脳容積が

少なくなっていた事などもわかりました。

 

これらの事から歯の喪失により、

咬む事ができなくなると大脳の海馬や

前頭葉に著しい障害が出てしまいます。

 

それによって老化が早まり、

口腔内から全身へと衰弱が進んでしまうと

考えられているのです。

 

特に総入れ歯の人は急速に認知症が進みます。

 

歯があれば噛むことができますが、

歯が抜けると噛めないだけでなく

歯根膜もなくなり、

脳へ刺激は伝わらなくなります。

 

また、歯があっても

あまり咀嚼を意識しないで食べていると、

脳への刺激が少なくなってしまいます。

 

つまり脳を活性化するには

意識して噛む事が重要だと言えます。

 

アルツハイマー型認知症の方の

口の中を調べると、歯が無くなり、

長い間良く噛んで食べる事が

出来ていなかったと思われる方々が

多く見られます。

 

歯が無いと刺激が脳には伝わりません。

 

そこで、歯に代わる治療として

インプラントが

選択肢のひとつとして登場するのです。

 

インプラント治療を行えば、

天然の歯と同じような働きを

することが出来るのです。

 

インプラント治療は実用から

既に50年ほど経っており、

現在は一般的な歯科の治療方法として

確立されています。

 

また50年の間に

単にインプラント治療の成功率を高める

と言った初期段階を超えて、

さまざまなトラブルに対応するための

技術開発が行われ、

現在は成熟期になっています。

 

例えば、

不要になったインプラントを

除去することなども以前は大変でしたが、

今ではインプラント除去専用キットなどが

開発され少しの労力で簡単に

出来るようになっています。

 

また寝たきりの方への

訪問歯科治療も充実しており、

いろいろなケースに

対応できるようになってきています。

 

特に川崎市歯科医師会では、

口腔内から始まる老化

(オーラルフレイル)力を注いで、

寝たきりの患者様に対して

より手厚い対処を行っています。

 

visit_dentistry01.png

 

以上のような事からも、認知症の予防や、

充実した毎日を過ごすために

インプラント治療を

選択するという方が増えています。

もしインプラント治療に

ご興味などございましたら、

是非、当院にてご相談くださいね。

 

old_smile.png

1 2 3 4 5 6 7 8 18

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ