カテゴリー: 院長ブログ

2014/10/25
日本国際歯科大会に参加して   その4

満場の拍手の中発表の終えたH先生の次は、わざわざ関西からいらしたT先生

笑いを取りつつメーカーごとのインプラントの判別の仕方と、トラブル発生時の処置の方法について

的確に説明してくれます

そして次のI先生ですが、ハイドロキシアパタイトコーティングのインプラントの話をしてくれます

ハイドロキシアパタイトインプラント(HAインプラント)とは、パール歯科医院でも使用しているが、

顎骨とのくっつきが格段に優れたインプラントです

ここでインプラントにおける歯周病ですが、どんなに素晴らしい材質のインプラントでも

歯を磨かなければ歯周病になるものなのです。 (インプラントの場合 インプラント周囲炎といいます)

I先生はこれに関し抗生物質の処方で治癒すると言及・・・・・。

ウ~ン。    言い切るのはどうか????

インプラント周囲炎にかかってしまうと、抗生物質だけで治るのは大変難しいというのが一般的です

 

ある大家の先生は、インプラント周囲炎の完治は不可能であるといっています

薬だけで治れば患者様も歯科医師もこんなに幸せな事はないのですが・・・・・。

 

2014/10/21
日本国際歯科大会に参加して   その3

昼休みは、F先生とちょっとリッチな昼食(サンドイッチ なんと¥2300)

を優雅に召し上がり・・・・・。

のはずでしたが、なんと注文の品が来ない始末

午後の部開演が13:00なのに、来たのが12:45

少し焦る

リッチなはずの昼食を済ませて、プログラム内容

「インプラントレスキュー 患者を救う最善策」に向かいます

ここには、日本を代表するインプラントのオーソリティー8人が

現代におけるインプラントの、問題点とその対策について発表し

最後に討論会を行うというもの

普段勉強会に参加させてもらっているM先生も発表です

最初に発表した重鎮H先生

お年のはずなのにしっかりした声で解かりやすい説明

今後高齢化社会を迎えるにあたり、

増える寝たきり高齢者のインプラントののケアをどうするか

実に興味深い発表をしてくれました

満場の拍手

そしてこの後、予期せぬ波乱が・・・・・。

2014/10/19
日本国際歯科大会に参加して   その2

大会当日朝 JR桜木町駅から会場のパシフィコ横浜に向かいました

すがすがしい天気の中、日本丸やランドマークタワー等横浜らしい風景を眺めながら

動く歩道に乗って快適に移動しましたが、

以外に会場まで、遠い・・・・・。

桜木町の駅の改札から、会場のKホール到着まで、20分以上かかりました

余裕をもって到着するつもりが、受付をすませると開演の9:00ギリギリです

午前中の内容としては、自分が所属する日本インプラント臨床研究会の

創立40周年を記念して出版した、インプラントのベスト論文集に関しての発表です

インプラントの咬み合わせ、オペ時の使用薬剤、あるいは歯周病との関連性等

基本から最先端技術まで、大変勉強になる内容でした

ここで盟友のF先生発見

彼はインプラント臨床研究会の先輩ですが、自分と同じセミナー大好きで

とても気の合う先生です

彼と一緒に昼飯を食べて、午後のシンポジウムへと会場入りしました

2014/10/14
日本国際歯科大会に参加して   その1

第7回ワールドデンタルショーが、パシフィコ横浜で10月10日から12日までの3日間開催されました

歯科医師とその関係者が毎回5万人近く参加する、業界のお祭りのようなものです。

本当は、3日間とも出たかったのですが仕事の関係もあり11日のみ参加してきました

やっている内容は大まかに2つ ①デンタルショー これは最新の歯科関連器械やコンピュータ、書籍など歯科業界に関するありとあらゆる展示会で何故か車まで

出店されていました

②日本国際歯科大会 こちらは日本中の有名な歯科医師の先生たちの討論会、発表会、講演会ですインプラントから総義歯、小児歯科まで全ての分野を網羅します

これをなんと16のホールで同時に行ないます はっきり言って選べません

勉強好き、セミナー大好きの藤田にとってはどれも見たい聞きたいものばかり 前日迷いに迷いましたが選んだのは所属するインプラントのスタディグループと

同じくインプラントの師匠のシンポジウムでした

Page 8 of 8« First...45678

PageTOP